芦名沢館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田山根上芦名沢
立地・構造
 芦名沢館は大湯川の支流汁毛川の下流域、左岸の独立丘陵上(比高40−50m)に築かれた平山城で、南北に細長い丘陵頂部を加工して郭を配置しています。城の規模は東西80m×南北300mほど、城縄張りは頂部を加工した主郭を中心に北・南側稜線を階段状に加工した単調な構造だったようです。大手筋は南麓からのルートが想定されますが不明。現在、城址は耕作放棄地になっていて藪化が進行しています。

 築城時期は不明。『鹿角由来記』には「一、芦名沢村、芦名沢太郎兵衛領知 本名奈良 館有 式部の館芦名沢観音札所也」と記され、館主は鎌倉中期に鹿角に入部して大湯川流域を惣領支配した奈良氏の庶流芦名沢氏とされます。芦名沢の地は大湯川(奈良氏領北縁)を越えて成田氏(毛馬内氏)領に切り込んでいるため、なんらかの事情(武力衝突等)により奈良氏の領地になったものと推測されます。
歴史・沿革
芦名沢館  遠景
メモ
「鹿角四頭」奈良氏の庶流
芦名沢氏の館城
形態
平山城
別名
砂沢館
遺構
郭(平場)
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月23日
芦名沢館は汁毛川下流域の独立丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー西側からの遠景 写真右上ー南東側からの遠景) 城へは南麓から山道があり(写真左)、山腹部分には正一位稲荷神社が祀られています。(写真左下) でっ、山道は稲荷社の脇から東側斜面を通るように設定されています。(写真右下) 東側斜面はケッコウキツイ急傾斜になっていて、自然の切岸になっています。
でっ、辿り着いた頂部が主郭になるのでしょう。(写真左上・右上) 規模は東西40m×南北80mほど、北側は藪になっていますが、南側は1m前後の低い段差で平場が広がっているようです。(写真右) ただしこちらも藪が酷く規模は不詳。基本的には段郭を基調にしたシンプルな構造になっているようです。
芦名神社(写真左下)
上芦名沢地区の北端に祀られる古社。馬の神様を祀っているため、堂社には多くの絵馬が奉納されているようです。境内からは南北に細長い芦名沢谷が一望にできます。(写真右下)