柏崎館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田毛馬内字柏崎
立地・構造
 柏崎館は鹿角盆地の中央北寄り、小坂川と大湯川に挟まれ南西方向に張り出した舌状台地先端(比高30m)に築かれた平山城です。城の規模は東西400m×南北250mほど、城縄張りは堀で仕切った連郭式縄張りが採用されています。各郭の規模は本丸が東西130m×南北100m、二の丸が東西150m×南北170m、三の丸が東西80m×南北180mほど。またこれとは別に北西側下には家禄の低い給人屋敷が構えられいます。大手導線は給人屋敷から三の丸北西端に繋がる通称大手坂とされ、その後 導線は二の丸の桝形を通り本丸に繋がっています。また搦手は二の丸の西側中央から北西方向に坂道を降るルートとされ、通称搦手坂と呼ばれています。藩政期、本丸には城主の陣屋、二の丸には毛馬内代官所・御蔵奉行所・御役屋・御蔵・上級家臣屋敷、三の丸には家中屋敷が配され、明確なヒエラルヒーにより構成されていたと思われます。

 柏崎館は慶長12(1607)年、南部藩主利直の命により毛馬内政次が築き、毛馬内古館から居を移したとされます。寛永19(1642)年、政次が死去し嫡子範氏が毛馬内氏の家督を継ぎましたが、範氏が幼少だったため翌20(1643)年、範氏は大湯へ所替となり、代わ

現地説明板の図
って政次の次弟三左衛門直次が大湯から柏崎館に入城しました。明暦3(1657)年、毛馬内九左衛門長次が花輪城代に任ぜられると、柏崎館へは閉伊郡から桜庭兵助由之(光英)が所替として入城し、以後 桜庭氏が明治維新まで柏崎代官として居住しました。この地は南部領と秋田・津軽藩領との藩境に位置する重要拠点とされ、柏崎館には南部藩の要害屋敷として監視・行政機能があったと推測されます。
歴史・沿革
柏崎館  本丸の虎口
メモ
近世南部藩の要害屋敷
形態
平山城
別名
毛馬内新館 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・桝形・
堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成16(2004)年8月28日
平成19(2007)年5月24日
柏崎館は毛馬内地区背後の丘陵上に築かれた近世平山城です。(写真左上ー南東側からの遠景 写真右上ー北側からの遠景) 城は南西方向に延びた丘陵を堀で分断して郭を構築した連郭式縄張りが採用され、南から本丸・二の丸・三の丸が配置されていました。このうち三の丸は東西80m×南北180mほど、現在は住宅地になっていて北西端に大手坂が設けられています。(写真左) 二の丸・三の丸間の堀は埋め立てられ、現在の車道の部分が堀祉だったのでしょう。(写真左下) でっ、二の丸・三の丸間は桝形虎口で繋がっていたようで、この部分の車道は大きくクランクしています。(写真右下)
二の丸(写真左上)
規模は東西150m×南北170mほど、枡形から繋がる二の丸筋は往時のものを踏襲したものと思われます。藩政期、内部には毛馬内代官所・御蔵奉行所・御役屋・御蔵・上級家臣屋敷等が置かれていました。(写真右上ー毛馬内御蔵奉行所祉) また本丸に近い部分には内藤湖南の生家があったようです。(写真右) 
本丸・二の丸間は堀で区画され、土橋で繋がっています。(写真左下) でっ、北側の堀は搦手坂と呼ばれる導線になっていて、土橋にぶつけてクランクさせる桝形のような形態になっています。(写真右下)
(写真左上) 本丸北側の堀
 
本丸(写真右上・左)
規模は東西130m×南北100mほど、御田屋と呼ばれ藩政期には桜庭氏の陣屋が置かれていました。虎口は北側に開いた平入虎口で、前述の土橋に繋がっています。(写真左下) 虎口を固めた北側の土塁は下幅6−7m・高さ2−3mほど、往時は本丸を全周していたとされます。(写真右下) 以前、来たときには内部に屋敷があったと思うのですが、現在はありません。
丘陵部の北西側下には家禄の低い給人屋敷が置かれていました。(写真左上) 給人は桜庭氏の直臣と南部氏から宛がわれた与力からなり、敷地境界は植栽によって区画されています。でっ、この区域には和井内貞行の生誕地もあります。(写真右上ー先人顕彰館のあるあたり)