中草木館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田草木
立地・構造
 中草木館は根市川右岸の微高地(比高4−5m)に築かれた環濠屋敷と推測されています。館の規模は東西50m×40mほど、周囲は幅4−5mの濠で囲まれていたようですが、現在 南・東側の濠は水田に改変され、北側は草木小学校の校地となり、西側は埋められて消滅しています。基本的には在地領主の居館と思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・城主ともに不明。
中草木館  草城神社
メモ
・・・・・・・・・
形態
平城(環濠屋敷)
別名
 草木環濠屋敷
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
草木会館駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年5月17日
中草木館は中草木集落西側の比高4−5mの微高地に築かれた環濠屋敷と想定される遺跡です。(写真左上) 北側に草木小学校があり、訪城の際 目印にすると場所はすぐに特定できます。でっ、現在 遺跡内部には草城神社が祀られていますが(写真右上)、それほど広い平場ではないようです。周囲には濠が巡らされていたようですが、水田等に改変され遺構は明確ではありませんが、遺跡は周囲より1−2mほど高くなっています。(写真左ー西側 写真左下ー南側 写真右下ー東側)