大湯館
秋田県鹿角市(旧十和田町)大湯和町
立地・構造
 大湯館は鹿角盆地の北部、大湯川左岸の北方向に張り出した丘陵上(比高50m)に築かれた平山城です。城の規模は東西380m×南北350mほど、内部は複雑に入り込んだ沢を自然の堀とした大小10郭からなります。城域の中央最高所に構築された本丸は東西130m×南北30mほど、西・南側は堀で、北・東側は断崖で画され、南縁には1m弱の低めの土塁が築かれています。虎口は南西端に大手虎口が、北側中央に搦手虎口が構えられていました。この本丸をカバーするように本丸の南西側には堀を挟んで柳館が、南側には新城(二の丸)が構築されています。柳館は東西45m×南北20mほど、周囲は最大10mの切岸に加工され、西側縁部には櫓台と思われる幅6−7m・高さ1−1.5mの土壇が築かれています。新城(二の丸)は東西30−35m×南北80mほど、東西に細長い郭で、南東側稜線は二重の堀切で断ち切られ小館・無名郭(清姫神社のある平場)が敷設され
現地説明板の図(左側が北)
ています。また新城(二の丸)から堀(沢)を挟んだ南西側には向新城が配され、西側の防御ラインとしています。大手筋・搦手筋ともに北麓からのルートが想定され、導線は途中で分岐し、大手筋は本丸・柳館間の堀底道から本丸の大手虎口に、また搦手筋は本丸の北西側斜面を経て本丸の搦手虎口に繋がっています。全体的に自然地形を巧みに利用したため比較的加工度の低い城館になっていますが、西・南側を強烈に意識した防御構造になっています。同地は三戸からの来満街道を見下ろす高所に位置します。
歴史・沿革
 築城時期は不明。館主は鎌倉中期、地頭職として鹿角に入部した武蔵武士団横山党奈良氏の嫡流大湯氏とされます。入部以降、大湯氏は大湯川流域に勢力を扶植し、庶子家(小枝指氏・新斗米氏等)を各地に分知して惣領支配していたと思われますが、詳細な事績は不明。永禄9(1566)年、檜山城主安東愛季の鹿角侵攻が開始されると大湯四郎左衛門昌次は安保衆とともにこれに加担したとされ、また天正19(1591)年 「九戸の乱」が勃発すると四郎左衛門は九戸政実方に加担して鹿倉館に籠りましたが、大光寺正親勢の攻撃を受けたため鹿倉館をあきらめ九戸城に遁れました。しかし九戸城は奥州仕置軍の攻撃を受けて降伏し、四郎左衛門は九戸政実等とともに捕縛され、栗原郡三迫で処刑されました。乱後、大湯氏の所領は信直方に加担した四郎左衛門の兄五兵衛(彦六)昌忠に宛がわれましたが、天保年間(1644−48年) 昌忠のあとを継いだ門之助昌邦が死去したため大湯氏は改易となり、代わって毛馬内靭負範氏が大湯に入部しました。明暦3(1657)年、範氏が死去すると赤尾又兵衛が大湯代官に任ぜられ、寛文5(1665)年 赤尾氏が南部家を退去すると北九兵衛宣継が小軽米から所替で大湯に入封し、北氏が明治維新まで大湯館に在城しました。
大湯館  本丸の大手虎口
メモ
中世ー「鹿角四頭」奈良氏の
嫡流大湯氏の館城
近世ー南部藩の要害屋敷
形態
平山城
別名
和町館・大湯新城 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・井戸
場所
場所はココです
駐車場
新城南側の車道脇に駐車可能の路側帯あり
訪城日
平成16(2004)年8月28日
平成18(2006)年6月23日
大湯館は大湯市街地南縁の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上) でっ、城へは北麓の神明社から登山道が設けられています。このルートは途中で本丸の大手口・搦手口に繋がる導線に分岐し、登り口には「搦手口」の標柱が建てられ、「おばけ石」と呼ばれる石が置かれています。(写真右上) 導線は沢状の堀底道になっていて、上の道は武士階級が通る道、下の道は百姓・町人が通る道の2層構造になっていたそうです。(写真左・左下) でっ、導線の南側には柳館の西側稜線を断ち切った堀切が見られ(写真右下)、このあたりから導線に対して本丸・柳館から横矢が掛かる構造になっています。
ちなみに本丸へは二の丸(新城)から入るルートがもっとも安直です。(写真左上) 大湯館は複雑に入り込んだ沢を自然の堀とし、往時 堀は通路として利用されていました。(写真右上ー本丸・柳館間の堀 写真右ー柳館・下屋敷間の堀 写真左下ー柳館・貝館間の堀) 堀は最大規模で幅25−30mほどあり、本丸・二の丸(新城)間の堀は堀合沢と呼ばれ、大円寺に繋がっています。(写真右下) また柳館北東側下の堀底には「桂井戸」と呼ばれる水の手が設けられていて、現在も湧水があります。
(写真左上) 「桂井戸」
本丸
城内最高所に位置する東西に長細い郭で、規模は東西130m×南北30mほど、南西隅に設けられた大手虎口はスロープ状の桝形構造になっています。(写真右上・左) 内部は散策路以外は猛烈な藪になっていますが(写真左下)、中央部に構えられた屋敷敷地は周囲より若干高くなっていて(写真右下)、北側の正面に搦手虎口が設けられていました。また南側縁部には高さ1m弱の低めの土塁が築かれ、東端には館神が祀られていました。 (現地説明板の図
(写真左上) 本丸の搦手虎口
(写真右上) 本丸南側の土塁
(写真左) 本丸の館神祉
 
柳館(写真左下)
規模は東西45m×南北20mほど、内部はシダ系が繁殖する藪々々・・・・・・・・・、虎口は南西端に設けられ(写真右下)、西側縁部には幅6−7m・高さ1−1.5mの土塁(櫓台?)が築かれています。本丸の大手虎口を抑えるように構築されており、ま〜〜〜 大手筋を監視する番所的な性格があったのでしょう。
(写真左上) 柳館 西側の土塁
 
貝館(写真右上)
新城(二の丸)の北西側に位置する小郭です。新城への導線は貝館・新城間に設けられており(写真左)、二の丸の虎口を監視する機能があったものと思われます。
新城(二の郭 写真左下・右下)
規模は東西30−35m×南北80mほど、藩政期には南部氏から宛がわれた給人及川氏の居館が構えられていました。
(写真左上) 二の丸から南東側に延びた稜線は幅7−8m・深さ4−5mの大規模な堀で小館と分断されています。
(写真右上) 小館
(写真右) 小館・清姫神社間の堀
(写真左下) 清姫神社。長慶天皇の御子寛光親王の妃清子(南部守行の娘)を祀ったと伝えられます。 
(写真右下) 向新城。新城(二の丸)から堀を挟んだ南西側稜線突端の郭、規模は東西120m×南北70mほど。 
大円寺(写真左上)
大永2(1522)年、毛馬内領主毛馬内(南部)勅負秀範により開基。後に毛馬内に移されましたが、寛永20(1643)年 毛馬内靭負範氏が大湯に所替され、ふたたび同地に移されました。境内にある門杉は必見です。(写真右上)