当 麻 館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田毛馬内
立地・構造
 当麻館は鹿角盆地の北端、米代川の支流小坂川と汁毛川に挟まれ北から南側に張り出した丘陵突端(比高30m)に築かれた平山城で、北側の丘陵続きを堀切で遮断して城域を独立させています。城の規模は東西200m×南北450mほど、城縄張りは南北に延びた稜線を東西堀で仕切って加工したシンプルな連郭式縄張りが採用され、北から本館(主郭に相当)・前館・無名郭(南郭)が敷設されています。規模は本館が東西180m×南北160m、前館が東西90m×南北90m、無名郭(南郭)が東西40m×南北80mほど。現在、城址は本館・前館間の堀を埋め立てて球場建設・公園整備がなされているため遺構はわかりずらくなっていますが、本館・前館から離れると部分的に遺構が残存しています。同地は津軽・南部・比内からの基幹街道が交錯する要衝地、また北から鹿角盆地を眺望する軍事的な要地に位置します。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、毛馬内村 毛馬内備中領 本名成田総領、南部靱負天文年中三戸より遣わされ知行弐千石所ハ毛馬内、瀬田石、大欠・・・・・・・・」
記されており、鎌倉中期に鹿角郡に入部した「武蔵武士団横山党」の成田氏が当麻館を拠点に大湯川北岸と小坂川流域に庶子家を分知して惣領支配していたと推測されます。天文5(1536)年、南部政康は鹿角支配を強固なものにするため五男 靱負佐秀範に毛馬内2千石を与えて鹿角郡代として当麻館に入城させました。(南部氏の毛馬内進出の経緯は不明、毛馬内氏の養子か?) 永禄9(1566)年、檜山城主安東愛季の「鹿角侵攻」が開始されると毛馬内秀範は南部方の防衛拠点として当麻館で安東勢に抵抗しています。慶長12(1607)年、秀範の嫡 子政次は藩主信直から新城(柏崎館)の築城を命ぜられ、翌年 普請を終えると柏崎館に移り、この際 当麻館は廃城になったとされます。 
歴史・沿革
当麻館 「毛馬内氏発祥の地」碑
メモ
「鹿角四十二館」
「鹿角四頭」 成田氏の嫡流
毛馬内氏の館城
形態
平山城
別名
毛馬内古館 
遺構
郭(平場)・土塁?・堀
場所
場所はココです
駐車場
鹿角十和田建設技能組合の駐車場借用 OR 球場駐車場あり
訪城日
平成19(2007)年5月24日
平成25(2013)年5月24日
当麻館は毛馬内市街地北端の丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上ー南西側からの遠景 写真右上ー東側からの遠景) でっ、現在 館祉には球場が建設されていて車道が敷設されていますが、管理人は南東麓から遊歩道を登りました。内部はケッコウ、改変がなされているためどこまでが城郭遺構なのかわかりずらいですが、前館東側の切岸は往時のものなのでしょう。(写真左) でっ、遊歩道は前館東側の郭を経て前館に繋がっています。(写真左下ー東側の郭 写真右下ー前館) 規模は東側の郭が東西70m×南北40m、前館は本館に吸収され判然としませんが東西90m×南北90mほど。
(写真左上) 前館南縁の土塁か?、往時の土塁なのかナ〜〜〜?。
(写真右上) 「毛馬内氏発祥の地」碑
 
前館の南側には幅10m・深さ2ー3mの堀が穿たれ、前面の無名郭と分断されています。(写真右・左下) 無名郭の規模は東西40m×南北80mほど、北側に一段腰郭が設けられています。(写真右下) 城址の大部分は整備され遺構がわかりずらくなっていますが、無名郭部分は整備されていない分、遺構はわかり易いはずなのですが内部は藪・・・・・・・・・・・。
現在、球場になっている北端の本館は東西180m×南北160mほど。(写真左上・右上) 内部に痕跡はまったく見られませんが、北側の丘陵続きを断ち切った堀切の痕跡は明瞭に確認できます。(写真左) 堀の規模は幅10−15mほど、もともと沢を利用したものと思われ端部は巨大な沢地に吸収されています。