高梨館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田末広
立地・構造
 高梨館は米代川の中流域、南岸の丘陵突端(比高40m)に築かれた平山城です。城の規模は推定東西120m×南北70mほど、館は西から南側に入り込んだ沢を自然の堀とした単郭の城館と推測されます。本郭の規模は東西90m×南北20−30mほど。同地は鹿角から比内に繋がる基幹街道を扼する高所に位置します。
歴史・沿革
築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、高梨村 本ハ高梨土佐領名字秋本高瀬周防一門子無之絶ル後ハ奥四朗左衛門糠部郡一戸ヨリ文明年中罷越川原館居申候処秋田鹿角相戦ニ付高瀬周防下知ニテ明應元歳三月高梨館エ移申候夫ヨリ四朗左衛門高梨宮内ト申候」と記されています。これによると元々、鹿角四頭の一家秋元氏の庶流高梨氏が高梨館に居住していましたが、後に高梨氏は嗣子がなく断絶し、文明年間(1469−86年) 糠部郡一戸から奥四朗左衛門がこの地に入部して川原館に居住しました。そして明応年間(1492−1501年)、秋田(檜山安東か?)・鹿角(南部か?)の抗争が激化すると四朗左衛門は高瀬周防の命により高梨館に移り住んだとされます。廃城時期は不明、近世には秋田佐竹藩との藩境として南部藩の土深井御番所が置かれました。
高梨館  北麓からの近景
メモ
「鹿角四頭」秋元(高瀬)氏の
庶流 高梨氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成25(2013)年5月25日
高梨館は土深井地区背後の丘陵突端に築かれた単郭の平山城です。(写真左上) でっ、館の北西側下に稲荷神社が祀られており、北麓から参道が設けられています。(写真右上) たぶん稲荷神社は腰郭を使用して創建されたと思われ、本郭との高低差は6−7mほどあります。(写真左) がっ、
・・・・・・・・・ 切岸部分は一面の藪になっていて入り込むスペースもなく断念しました。(雑木程度なら入り込めるのですが・・・・・・・・・) 館の西側には沢が入り込み、この沢は館の南側に廻り込んで館の独立性を高めています。(写真左下) この地は米代川に沿った狭隘地形の鹿角側の谷口に近く、物見・監視機能を有したものと思われます。(写真右下)