高清水館
秋田県鹿角市(旧十和田町)十和田高清水
立地・構造
 高清水館は汁毛川の支流高清水川の右岸、北から南側に張り出した丘陵突端(比高30m)に築かれた丘城です。城の規模は東西150m×南北130mほど、館は汁毛川を自然の濠とし、東・南・西側は急峻な断崖、北側の丘陵きを二重堀で断ち切って城域を区画しています。城縄張りは頂部を加工した単郭構造になっていて、本郭の規模は東西80m×南北60mほど。大手筋は南西麓からのルートが想定され、南側斜面には大手筋を監視する小郭が設けられています。全体的に規模は小さく、また要害性も薄く、基本的には村落領主の日常居館として築かれたと思われます。

 築城時期は不明。『鹿角由来集』には「一、高清水村、高清

高清水館概念図
水豊後領知 本名成田 館有」と記され、館主は鎌倉中期に鹿角郡に入部した武蔵武士団横山党成田(毛馬内)氏の庶流高清水氏と推測されます。成田氏は当麻館を拠点に一族・庶流を大湯川北岸に配置して惣領支配していたと思われ、高清水氏もその一族だったと推測されます。天文5(1536)年、南部政康は鹿角郡に勢力を扶植するため五男靱負佐秀範を鹿角郡代として当麻館に入城させました。(養子か? 乗っ取りか?) 『不動院旧記』には「高清水八幡ハ毛馬内城主武田(南部)靱負殿御建立」と記されており、秀範入部後の天文・永禄年間(1532−70年)頃に高清水八幡は建立されたと推測され、この際 高清水館は廃城になったと思われます。
歴史・沿革
高清水館  主郭背後の堀切
メモ
「鹿角四頭」成田氏の庶流
高清水氏の居館
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
高清水自治会館の駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年5月23日
高清水館は高清水地区の北方、高清水川の沿った狭谷地形に突き出した丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上ー南東側からの遠景) でっ、館へは高清水地区の北端に城址標柱と鳥居が設置されていて(写真右上)、ここから道なりに進むと館山の南西麓の登り口に辿り着きます。(写真左) でっ、ここから八幡神社の参道が設けられていて(写真左下)、しばらく登ると南側に張り出した小郭に辿り着きます。(写真右下) 郭の規模は7−8m四方ほど、よく見るとこの下には もう1段小郭が敷設されています。ま〜〜〜、大手筋を監視する郭だったと思われます。
小郭からの導線は西側斜面を迂回し、主郭南西側の「折れ虎口」に繋がっています。(写真左上・右上)
主郭(写真右)
規模は東西80m×南北60mほど、東・南・西側は高さ10m以上の切岸に加工され、東端には「毛馬内城主武田靱負殿御建立」『不動院旧記』)の八幡神社が祀られています。(写真左下) でっ、北側の丘陵続きは鞍部を利用した幅15m・深さ6−7mの堀切で処理されています。(写真右下) よ〜〜〜く、見ると堀切は一重ではなく二重堀になっていいて、中土塁は下幅6−7m・高さ3−4m、外堀は幅6ー7m・高さ3−4mほど。
中土塁 二重堀の外堀