中 地 山 城
富山県富山市(旧大山町)大山町中地山
立地・構造
 中地山城は常願寺川と小口川に挟まれ北西方向に張り出した丘陵突端(標高370m 比高100m)に築かれた山城です。城の規模は東西150m×南北150mほど、城縄張りは頂部の主郭(城山)を中心に北 ー 東 ー 南側斜面に地形に即した形で平場を設けた変則的な梯郭式縄張りで構築され、東から南側には逆L字状に内堀が敷設され、これを囲うように外郭が構えられています。また南縁には防衛ラインとして外堀が敷設され、南側を意識した防御構造になっています。規模は主郭が東西30m×南北30m、二の郭(図の城天)が東西30m×南北50m、三の郭(図のC郭)が東西60m×南北40mほど。主郭は櫓台を有した物見郭、二の郭ないし三の郭が城主の日常居館、外郭が給人・家臣の駐屯所と想定され、三の郭・外郭には厩が設けられていたようです。中地山城は全体的に規模は小さいものの東側の丘陵続き以外は絶壁に面した自然の要害を取り立てて築かれており、軍事的な要請から構築された在地勢力の監視砦を兼ねた城砦と推測されます。

現地説明板の図
 『三州志』によると中地山城は天正元(1573)年、武田氏に加担して越中に侵攻した飛騨 高原諏訪城主 江馬常陸介輝盛により築かれ、配下の川上中務丞忠輔が城代をつとめたとされます。また一説には永禄8(1565)年、武田に加担して越中に侵攻した輝盛の父 左馬介時盛が、新川郡中地山に所領を与えられて中地山城を築いたとも。その後、中地山城は江馬氏の越中侵略の拠点として機能しましたが、天正4(1576)年 中地山城は上杉謙信に加担した飛騨衆 塩屋筑前守秋貞の攻撃を受けて「籠所之江馬家来を追払、直に飛騨へ責入、先つ江馬か殿村之城之留守居を責る」『飛騨国治乱記』)と、この時 落城したと伝えられます。また一説には謙信の死去した天正6(1578)年、神保氏の攻撃を受けて落城したとも。(『江馬家後鑑録』
歴史・沿革
中地山城 主郭の櫓台
メモ
奥飛騨の有力国人
江馬氏の越中進出の拠点砦
形態
山城
別名
中地山館・中地山塁
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
中地山公民館の駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年6月21日
中地山城は常願寺川の南岸、丘陵突端に築かれた小規模な城砦です。(写真左 の下に鉄塔がありますが、城はちょうどここにあります) 城へは城の西側中腹の中地山地区から登山道が設けられ(写真左下・中下)、道なりに進むと城址南西隅の虎口に辿り着きます。(写真右下 登り口には誘導杭があり、迷うことはありません) 登山道はコンクリートで固められており、また起伏もそれほどキツイものではなく、このルートが往時の大手導線を踏襲したものと推測されます。
中地山城の遺構で良好に残存しているのが外堀と内堀でしょう。外堀(写真左上)は城域の南縁に構築されたもので幅10−15mほど、内堀(写真右上)は外堀の北側、城域を逆L字状に仕切ったもので幅10−15mほど。主郭への導線は南西隅から外堀・内堀間を通り、幅広の土橋から三の郭(図のC郭)の虎口(写真右)に繋がっています。写真では草茫々でわかりずらいですが、虎口はキッチリ土塁で区画されています。
三の郭(写真左下)
規模は東西60m×南北40mほど、導線はここから急斜面に設けられたスロープ状の「折れ虎口」(写真右下)で主郭南側の腰郭に繋がっています。
(写真左上) 主郭南側の腰郭
 
主郭(写真右上)
規模は東西30m×南北30mほど、東側には高さ6−7mの櫓台が築かれています。(写真左) なお管理人はここから城代の居住空間と思われる北側の二の郭(図の城天)に行こうとしたのですが ・・・・・・・・・・、藪が酷く断念しました。