鶴 ヶ 岡 城
山形県鶴岡市馬場町・鶴岡公園
立地・構造
 鶴ヶ岡城は庄内平野の南部、赤川下流域の湿地帯を要害とした微高地に築かれた平城です。城の規模は東西350m×南北320mほど(二の丸内)、城縄張りは典型的な輪郭式縄張りで構築され、本丸・二の丸・三の丸(外郭・家中屋敷)からなります。規模は本丸が100−110m四方、二の丸が最大幅80mほど、本丸・二の丸ともに幅15−20m・高さ3−5mの土塁と幅15−30mの濠で囲まれ、三の丸から二の丸へは東、北、西側に虎口が設けられ、二の丸から本丸へは北、南側に虎口が設けられていました。大手は二の丸の東虎口とされ、前面には馬出が構えられていました。また二の丸の北門、本丸の南門は内桝形構造だったようです。本丸内には天守は建築されず、天守に替わる櫓として北西隅に二層二階の隅櫓が建てられていました。外郭部分の三の丸は西の青龍寺川、東の内川を外濠とし周囲を土塁で囲った広大な平場で、城外から外郭に入る木戸口が11ヶ所設けられていたようです。なお三の丸の東ー南西側には寺院が集中的に集められ、有事に備えたものと思われます。鶴ヶ岡城は中世城館を近世城郭に改修された城郭で、各パーツは規模も大きく見栄えのするものですが、いかんせん石垣を使用しない「土の城」のため質素な感は否めません。

 鎌倉初期、「奥州藤原討伐」で軍功のあった武蔵武士団の武藤頼平、資頼父子は出羽国「大泉荘」(庄内)の地頭職に任じられます。その後、資頼が大宰府少弐に任じられたため、弟の氏平 が「大泉荘」の地頭職を譲り受け、鎌倉末期の長盛の代

現地説明板の図

現地説明板の鳥瞰図(右が北方向
「大泉荘」に下向して土着します。そして長盛の家系は大宝寺氏を称したとされ、鶴ヶ岡城の前身となる大宝寺城が築いたと推測されます。南北朝期の大宝寺氏の詳細な事跡は不明ですが、庄内の北朝勢力に与したと推測され、室町期には隣国の越後守護職 上杉氏との関係を持ち、また室町中期(15世紀中期)の出羽守淳氏の代には羽黒山を支配下に置いて庄内の有力国衆に成長しました。しかし永正4(1507)年、越後で守護代 長尾為景が守護職の上杉房能を自害に追い込み、さらに関東管領 上杉顕定を討ち取る「永正の乱」が勃発すると、上杉氏の庄内に対する影響力は低下します。そして庄内支配を虎視眈々と狙っていた山形城主 最上修理大夫義定は大宝寺氏の庶子家 砂越信濃守氏雄(うじたか)砂越城主)をそそのかして、同9(1512)年 大宝寺澄氏に対して挙兵させました。このため澄氏は東禅寺城を築いて砂越氏と対峙しましたが、氏雄は東禅寺城を急襲して大宝寺勢を退却させ、翌10(1513)年 大宝寺城を包囲しました。しかし砂越勢は大宝寺勢に撃退され氏雄は討死しました。氏雄の跡を継いだ氏維(うじふさ)は天文元(1533)年、大宝寺領に侵入して大宝寺城を攻撃し、この際 大宝寺城は戦火により消失、このため大宝寺左京大夫晴時は新たな拠点として尾浦城を築き移り住みました。そして以後、大宝寺城尾浦城の支城として機能したと思われます。天正16(1588)年、庄内が上杉景勝に併呑されると大宝寺城には城番として芋川右衛門尉正親が配されましたが、同18(1590)年 「太閤検地」に反対する一揆が勃発し大宝寺城は落城しました。その後、一揆は上杉勢により制圧され、大宝寺城は直江山城守兼続により改修され越後兵が駐屯しました。 慶長5(1600)年の「関が原」「慶長出羽合戦」)後、庄内は軍功のあった山形城主 最上出羽守義光に宛がわれました。そして大宝寺城は庄内統治の拠点とするため新開因幡守により大改修が施され、またこの際 城下町の整備も行われ「鶴ヶ岡城」と改称されました。元和8(1622)年、「最上騒動」により最上氏が改易になると、庄内には徳川譜代の信濃国松代城主 酒井宮内大輔忠勝が入封して鶴ヶ岡城を本城に定めて入城しました。 忠勝は簡素な造りであった鶴ヶ岡城を近世城郭にするための大改修に着手し、忠勝ー忠当ー忠義の三代 五十年にわたり、二の丸・三の丸を拡張させて輪郭式の近世城郭に改修し、また城下も城郭内に包括する「惣構」の城郭に構築しなおしました。以後、酒井氏は240年間 鶴ケ岡城に在城し「明治維新」を迎えました。
歴史・沿革
鶴ヶ岡城 本丸南側の濠
メモ
中世 ー 大宝寺武藤氏の館城
近世 ー 庄内酒井藩の藩庁
形態
近世平城
別名
大宝寺城・大梵字城 
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台・虎口・濠・土橋
場所
場所はココです
鶴ヶ岡公園
駐車場
公園駐車場あり
訪城日
平成17(2006)年 7月11日
平成19(2007)年11月 5日
鶴ヶ岡城は現在、鶴岡公園として整備され、一部 改変されている個所も見られますが、本丸・二の丸部分はおおむね良好な状態で残っています。二の丸を囲った濠(中濠)は幅20−30mほど、東ー南側の濠は消滅していますが、規模の大きい近世城郭らしい直線状の塁線になっています。(写真左上ー西側の濠 写真右上ー北側の濠 写真左ー南側の濠・百闕梶j でっ、外郭から二の丸へは北、東、西側の3ヶ所に虎口が設けられ、このうち東虎口が大手門とされ、虎口前面には馬出が構えられていたようです。(写真左下ー東側の大手門祉 写真右下ー外北門) また北門は内桝形構造だったようです。
二の丸
本丸の周囲を囲った郭で四辺の外塁線は320−350mほど、内部は北側が広く幅70ー80m、西側が幅50mほど、東ー南側は狭かったようです。(写真左上ー西側の平場 写真右上ー北側の平場) 周囲を囲った土塁は部分的に残存し、規模は幅15−20m×高さ3−5mほどと規模の大きいもの(写真右ー東側の土塁 写真左下ー西側の土塁)、北東隅は櫓台と推測され、現在は稲荷神社が祀られています。(写真右下) なお二の丸部分は大宝寺氏時代の外郭と推測され、酒井氏時代にシャッフルして大改修されたと思われます。
本丸を囲った内濠は東側の一部を除いてほぼ完存しています。(写真左上ー北側の濠 写真右上ー西側の濠 写真左ー西側の濠) 規模は幅15−25mほど(西側が広い)、塁線はほぼ直線になっていますが、南側に「折れ」が見られ、また北東側が入角状になっています。(入角になっている理由は不明、鬼門か?。また大宝寺氏時代の形状をそのまま踏襲したのかも不明) でっ、二の丸から本丸へは南、北の2ヶ所に虎口が設けられていました。(写真左下ー北門 写真右下ー南門) でっ、二の丸の大手門から、どちらの門に向うにしても導線は大きく迂回するように設定されています。なお北門は普通の平虎口、南門は内桝形構造だったようです。
本丸(写真左上)
中世大宝寺城の主郭部分、規模は100−110m四方の方形郭、現在は庄内神社の社地になっています。周囲は下幅15m×高さ3mの土塁で囲まれていたようですが、現在は東ー北ー西側に部分的に見られます。(写真右上ー西土塁) 北西隅には万治年間(1658−61年)、天守の代替の二層櫓が構えられたようです。(写真右・左下ー7−8m四方) また南西隅には多聞櫓形式の渡櫓が置かれたようです。(写真右下)
秋田の中世を歩く
致道博物館