赤館
秋田県由利本荘市(旧鳥海町)鳥海町上笹子字赤館
立地・構造
 赤館は笹子川の上流部、狭小な笹子(じねこ)盆地北西部の丘陵突端(標高340m 比高110m)に築かれた山城です。城の規模は東西250m×南北80mほど、城縄張りは稜線を堀で仕切ったシンプルな連郭
赤館概念図
構造になっています。西端に構築された主郭は東西70m×南北25−30mほど、城内最大の平場になっていて、西側縁部には低めの土塁が築かれ、東側には虎口郭が設けられています。西側の稜線続きは幅10m・深さ7−8mの堀で遮断され、堀に隣接した主郭南西部の膨らみは畝状竪堀で処理されています。また主郭から東側稜線は高さ2−4mの段差で仕切られた不規則な段郭群に加工され、二の郭とは幅10m・深さ7−8mの堀で遮断されています。二の郭の規模は東西20m×南北20mほど、内部は1−1.5mの段差で仕切られた東西の2段構造になっていて、東側稜線は幅4−5m・深さ3−4mの堀で遮断され、前面には木戸口を固めたと思われる土塁と小規模な郭が設けられ、南東側に延びた稜線に繋がっています。大手筋は南東麓からのルートが想定されます。搦手は西側稜線と推測され、主郭西側の大堀切に隣接して浅い堀を切り込んだ土壇が築かれたいます。全体的に小規模な城砦ですが、大堀切・畝状竪堀・段郭群を駆使して主郭を防御する意識の高い城館に加工されています。同地は院内から矢島に繋がる街道筋を見下ろすとともに狭小な笹子盆地を眺望できる要衝に位置します。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。戦国末期の館主は根城館主矢島大井氏の被官金子阿倍太郎と伝わっています。金子阿倍太郎の出自は不明、赤館は矢島大井氏領の院内に繋がる南東端を守備する機能があったと思われます。天正19(1591)年、矢島大井満安は山根館主仁賀保氏等由利十二頭連合軍に攻められ新荘館・荒倉館を追われて西馬音内城に逃れ、翌文禄元(1592)年に自害します。(『奥羽永慶軍記』に記された内容のため裏付けが必要ですが・・・・・・・・・)  そして旧大井氏領は仁賀保氏が支配していましたが、慶長5(1600)年 矢島大井氏の遺臣40名は大井氏再興のために、満安の遺児鶴姫を擁して矢島城を急襲し占拠に成功しました。このため仁賀保氏は矢島城を攻撃して大井勢を笹子まで退却させ、この際 大井勢は赤館に籠城し仁賀保氏と対峙しました。しかし湊城主安東実季・角館城主戸沢政盛等が仁賀保氏(由利十二頭軍)に加担したため、赤館は陥落し遺臣は四散したと伝えられます。この戦闘の政治背景には当時の最上氏と上杉氏の対立関係があったと推測され、大井氏遺臣と上杉氏には大井氏再興の約定があったと思われます。また中央の「関が原」の構図を在地に置き換えた「代理戦争」とも推測されます。
赤館 二の郭東側の堀切
メモ
矢島大井氏の被官
金子阿倍氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・畝状竪堀群
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車(中村公民館前)
訪城日
平成18(2006)年12月26日
平成19(2007)年5月11日
赤館は笹子川の上流域、上笹子地区背後(北側)の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー南東側からの遠景) でっ、城へは南麓の墓地の背後から登山道が敷設されています。(写真右上ー草茫々だとわかりずらいですが・・・・・・・・・・) 登山道は往時の導線をトレースしたものではなく、たぶん後世 林道作業用に敷設されたものと思われ、南側斜面を長〜〜〜く 三折れしています。(写真左) でっ、三つ目の折れ口からしばらく登ると進行方向に主郭・二の郭間を断ち切った堀切が見られ(写真左下)、登山道の側面(南側下)には畝状竪堀が確認できます。(写真右下) 堀の規模は幅3m・深さ1mほど、ごく小規模なもの。
でっ、登山道を登り、辿り着くのが主郭南西側下の郭で、ここには15条前後の畝状竪堀がビッチリ敷設されています。(写真左上) 堀の規模は前記した畝状竪堀と同様、幅2−3m・深さ1mほど、たぶん南西側の膨らんだ部分を腰郭に加工し、さらに郭として利用できないよう畝堀で切り刻んだものと思われます。でっ、この郭に連続した主郭西側堀は主郭側を7−8m切り落とした豪快なもの(写真右上)、北側側面は4−5条の畝状竪堀で処理されています。(写真右)
堀切に西面した稜線には幅10m・高さ3mの大土塁が築かれ(写真左下)、上部は2条の浅い堀(溝)で処理されています。(写真右下) たぶん堀に沿って柵が設けられていたのでしょう。
主郭(写真左上)
規模は東西70m×南北25−30mほど、西側縁部には高さ50cmの土塁が築かれ(写真右上)、東側には虎口郭が設けられています。(写真左 東西5m×南北10m) 周囲は高さ7−8mの切岸で処理され、東側に延びた稜線は2−4mの段差で区画された不規則な郭群に加工されています。(写真左下ー1段目の郭・東西15m×南北25m 写真右下ー2段目の郭・東西15m×南北7−8mほど) ま〜〜〜、主郭を含む比較的まとまった平場になっていて、でっ 先端には高さ50cmの土塁が築かれ、外側は大堀切で二の郭と分断されています。
(写真左上) 先端の土塁
(写真右上) 南側の郭上段
(写真右) 南側の郭下段
 
主郭・二の郭間を仕切った堀は幅10m・深さ7−8mほど(写真左下)、高低差の大きい薬研堀になっていて、北側側面は畝堀で処理されています。(写真右下)
二の郭(写真左上)
規模は東西20m×南北20mほど、内部は1−1.5mの段差で仕切られた東西の2段構造になっています。(写真右上ー下段) でっ、下位郭からの導線は南東隅に設けられた虎口に繋がっています。(写真左)
二の郭東側の堀は幅4−5m・深さ3−4mほど(写真左下・右下)、前面(東側)は高さ2mの土塁に加工され、南側には木戸が設けられています。でっ、土塁に隣接した郭の規模は東西6m×南北12−15mほど、ま〜〜〜 大手郭になるのでしょう。二の郭からは強烈な横矢が掛かるよう設定されています。
土塁と木戸 大手郭