平根館
秋田県由利本荘市(旧鳥海町)鳥海町平根
立地・構造
 平根館は笹子川(じねごかわ)の中流域、南岸の南から北方向に張り出した丘陵突端(比高60m)に築かれた山城で、南側の丘陵続きを堀切で断ち切り館を独立させています。城の規模は東西100m×南北300mほど、城縄張りは山頂部を東西堀で仕切った南・北の複郭構造になっています。規模は北側の郭が東西50m×南北90m、南側の郭が東西60m×南北130mほど、両郭は幅2−3m・深さ1mほどの小規模な堀で区画され、北側の郭の南側縁部には土塁の痕跡が見られることから土塁が築かれていたと推測されます。大手筋は北麓からのルートが想定され、中腹部には導線を遮るように堀切が敷設され、また北郭の手前には堀切が設けられ土橋が掛けられています。同地は笹子川に沿った谷底平野を望む高所に位置し、また笹子川上流域方向を眺望できる要衝に位置しまっす。基本的には物見砦を兼ねた村落領主の日常居館として築かれたと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。館主は『奥羽永慶軍記』(あまり使用したくな いのだが・・・・・・・・・)に「永禄三年矢

平根館概念図
島殿(大井氏)滝沢殿被攻る。先陣は平根与右衛門高名す・・・・・・・・・」と記された平根与右衛門と推測され、平根氏は根城館主矢島大井氏の支配下にあった村落領主と思われます。
歴史・沿革
平根館  大手筋の空堀土橋
メモ
矢島大井氏の被官
平根氏の館城
形態
山城
別名
・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
「平根老人憩いの家」の
駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年11月3日
平成25(2013)年5月18日
平根館は平根地区背後の丘陵上に築かれた山城です。(写真左上ー北側からの遠景) でっ、城へは北麓の「平根老人憩いの家」からアプローチするのが手っ取り早く、城山の脇の砂防ダムから登山道が設けられています。(写真右上ー北麓からの近景 写真左ー北西麓の登り口) 登山道は比較的緩斜面になっていて、それほどキツクもなく(写真左下)、しばらく登ると最初の堀切が見えてきます。(写真右下) 堀切は4−5mほど切り落としただけの浅いもので、ここから導線は稜線の西側側面に迂回するように設定されています。
堀切を過ぎ、またしばらく登ると2条目の堀切が現れます。(写真左上・右上) 規模は幅3−4m・深さ1.5−2mほど、堀には土橋が掛けられ、この後 導線は幅広の堀底道を通り北郭に繋がっています。(写真右) ま〜〜〜、土橋部分に虎口を構え、堀底道には側面から横矢が掛かる構造になっていたようです。
北郭(写真左下)
規模は東西50m×南北90mほど、南側縁部には土塁が築かれていたと思われ、南東部に高さ0.5mくらいの土塁の痕跡が見られます。(写真右下) でっ、土塁の外側(南側)には幅2−3m・深さ1mの堀が穿たれ、南郭と仕切られています。
(写真左上) 南・北郭間の堀
 
南郭(写真右上)
主郭に想定される平場で規模は東西60m×南北130mほど、内部はムチャクチャ広い平場になっています。郭は北側は堀で、東・南・西側は急傾斜の断崖を自然の切岸として区画され、唯一 南西側の稜線で背後の丘陵と繋がっています。(写真左) 往時、たぶんここには堀切があったと思われますが、現在は林道が建設されていて、このため堀は埋められたのでしょう。