百宅根井館
秋田県由利本荘市(旧鳥海町)鳥海町百宅
立地・構造
 百宅根井館は子吉川上流部・子吉川支流の百宅川に沿った幅500−800m・長さ8kmの百宅谷の南側丘陵縁部に築かれた三館(上の館・中の館・下の館)からなる城砦群です。三館に共通することは、@北方向を監視するように配置されている。A痩尾根を利用して郭配置と防御施設(堀切等)を普請しているが削平は甘く、あきらかに急造した砦である。B郭は狭く兵の収容能力は希薄で、監視を主目的とした砦である。以上のことから推測すると、ある時期に砦を急造する必要があった勢力が短期間で築いたと考えられます。また三館はなんらかの方法で連携していたことも想定されます。
歴史・沿革
 百宅根井館は天正年間(1573−92年)に在地領主根井正重によって築かれた臨時の砦です。築城主の根井氏は信濃から入部したと考えられる「海野・滋野氏系」の一族で、入部時期は不明ですが、「鳥海山の銅器識文」(鳥海山に十二神将を鋳造して奉納した時の願文銅板)によると元徳3(1331)年に滋野(根井)正家の名で奉納されており、鎌倉末期には由利郡に入部していたと推測されます。根井氏は鳥海山麓の猿倉・直根・百宅を領し、当初は矢島根井館を支配拠点としていましたが、応仁2(1468)年に大井氏が矢島に入部すると猿倉根井館に支配拠点を移したと考えられます。(詳細な経緯は不明)室町・戦国期を通じ根井氏は由利十二頭・矢島大井氏と友好関係を保っていましたが、『奥羽永慶軍記』によると天正19(1591)年に矢島大井満安が最上義光に山形城に呼ばれた留守中に、満安の弟与兵衛が謀反を起こし新荘館を占拠するという事件を起こしました。与兵衛の背後には大井氏と敵対関係にあった山根館主仁賀保氏がいたと思われますが、根井正重もこのクーデターに加担したと考えられます。満安はすぐに矢島に戻り事態の収拾を図りましたが、仁賀保氏を中心とする由利十二頭連合軍に攻められ、荒倉館を捨て妻の実家である西馬音内城に逃れ、ここで自害しました。根井正重が百宅根井館を築いたのは、大井氏との軍事緊張があったこの頃と考えられます。ただし天正18(1590)年に豊臣秀吉が「奥州仕置」を実行し奥州総撫事令を発令して大名間の私闘を禁じたことから、時期については同17(1589)年以前だったと考えられます。
百宅根井館のある百宅谷
メモ
矢島大井氏と袂を別った
根井正重が、最後に籠もった
辺境の城砦群
形態
平山・丘城(物見砦)
別名
・・・・・・ 
遺構
郭・虎口?・堀
場所
場所ココです
百宅地区周辺
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年5月11日
〜  上  の  館  〜
上百宅集落背後の丘陵(比高40m)に位置する平山城で、尾根を利用した単郭の砦です。主郭を中心に北側に帯状の段郭が配置され、南側は痩尾根で背後の丘陵基部と繋がっています。また西側の緩斜面は横堀で処理されています。主に上直根(タカノス・川熊)から上百宅に繋がる杣道を監視していたと思われます。(場所はココです)
北端の郭?
館へは北側の正面から直登しました。比高10mほど登ったところに削平地らしいスペースがあります。あまりにきれいに削平されているため、遺構かどうかは不明です。ここから4−5mの切岸を登ると、自然地形の緩斜面になります。
主郭方向
しばらく進んだところから主郭方向を見たところです。なだらかな緩斜面になっていて、段郭の存在が推測されますが・・・・・藪が・・・・・ひどくて・・・・・・
主郭
東西25−30mの尾根に削平されています。比較的削平状況はよいようですが、範囲は不明瞭です。
主郭背後
主郭背後(南側)は痩尾根で丘陵基部と繋がっています。この痩尾根の鞍部を堀切土橋として利用していたと思われます。
主郭東側の横堀
主郭西側は比較的緩斜面になっていますが、ここには横堀が穿たれ遮断線としています。自然地形を利用したとも考えられます。
〜  中  の  館  〜
上百宅集落背後の丘陵先端(比高50m)に位置する平山城で、上の館の西方1kmに位置します。痩尾根を利用した単郭の砦で、自然地形の空堀で区画されています。北側正面が上直根(タカノス・川熊)から上百宅に繋がる杣道の出入り口にあたり、この監視をしていたと思われます。(場所はココです)
上百宅地区
百宅根井館のある百宅地区は、百宅川に沿った幅500−800m・長さ8kmの細長い谷で、ここに来るには山を越えるか、子吉川をさかのぼるしか方法はありません。自然の要塞といってよいでしょう。
空堀
館へは北側から直登しました。なだらかな緩斜面を進むと堀らしきものが確認できます。自然地形を巧みに利用した空堀と思われます。
主郭
空堀を越え、さらに緩斜面を進むと、主郭と思われる郭に到達しますが、削平は甘くほぼ自然地形になっています。尾根の幅(東西)は20−25mくらいありますが、南・北側はなだらかな斜面になっていて、範囲は不明瞭です。
主郭後方
主郭背後(南側)は痩尾根で丘陵基部と繋がっています。この痩尾根の鞍部を堀切土橋として利用していたとおもわれます。(同じことを上の館でも記載したような・・・・・)
百宅地区入り口
中の館の正面です。ちょうど中央の谷間には直根(タカノス・川熊)からの杣道が繋がっています。中の館はこの杣道が百宅谷に入る谷口を監視していたと想定されます。
〜  下  の  館  〜
下の館は下百宅集落背後の丘陵頂部(比高140m)に位置する山城で、主郭を中心に南側に郭を配置した単郭の砦です。北側は急斜面の断崖で遮断され、、背後(南側)は自然地形を利用した空堀土橋が2箇所設けられています。三館の中では比較的規模が大きく、防御力もあるようです。下の館は北西側を向き、子吉川沿いを監視する機能があったと推測されます。(場所はココです)
下百宅地区
百宅根井館のある百宅地区は、百宅川に沿った幅500−800m・長さ8kmの細長い谷で、ここに来るには山を越えるか、子吉川をさかのぼるしか方法はありません。自然の要塞といってよいでしょう。
下の館近景
北東麓から見上げたところです。比高130mほどで、さほど高くは感じません。写真右側(東側)に山道があり、下の館の南側に繋がっています。
下の館近景
荒れた山道を20分歩き、下の館南側に到達しました。ここから比高40mほどです。さ〜藪突入です。
南側の郭?
雑木林の緩斜面を進むと削平地らしき場所につきました。と、言っても藪がひどく、写真ではわかりませんが・・・・・
堀切土橋
管理人が進んでいるコースは搦手と考えられるコースです。ここには痩尾根を堀切土橋として利用していたと思われる箇所が2箇所あります。
主郭
しばらく進むと丘陵の先端部に出ます。主郭と思われる場所ですが、小規模です。北側は急斜面になっていて、樹木に遮られていますが、かすかに下百宅の民家が確認できます。
北東側の尾根
帰りは北東側に延びた尾根から下山しました。主郭の北側は北東側と北西側に尾根が延び、馬蹄状になっています。
北側の斜面
馬蹄状になった斜面は急斜面の断崖になっています。まさに自然の切岸です。
北側斜面
斜面は自然地形なのか人為的なのか不明ですが、畝状に隆起し竪堀状になっています。
虎口か?
下山後、北東麓に沢が発達した場所があることに気がつきました。ここが大手口だったのかもしれません。