中直根根井館
秋田県由利本荘市(旧鳥海町)鳥海町中直根
立地・構造
 根井館は中直根前の沢集落の東方向に張出した尾根(比高80m)頂部に位置する山城で、北・南・東側は急峻な断崖で西側は尾根が大森山に繋がっています。根井館は単郭の城郭(砦)で、東西140m×南北60mの城域を東西に3段に削平されています。大手筋と想定される東側は先端部は堀切で遮断され根井館への侵入を防御しています。この城の最大の見所は搦手側(西側)の徹底した防御施設であろうと思われます。西側尾根は約20mの距離を三重堀切で遮断され、さらに真ん中の堀切は、南斜面では二俣に分岐し四重竪堀、さらに本郭南西端の竪堀とあわせ五重竪堀となり南斜面を滑り落ちます。本郭北西縁部には土塁を配置するとともに、その直下には十数条の畝状竪堀が配置されています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。館主根井氏は信濃から鳥海山北東麓に入部したと考えられる「海野・滋野氏系」の一族で、入部時期は不明ですが、「鳥海山の銅器識文」(鳥海山に十二神将を鋳造して奉納した時の願文銅板)によると元徳3(1331)年に滋野(根井)正家の名で奉納されており、鎌倉末期には由利郡に入部していたと推測されます。根井氏は鳥海山麓の猿倉・直根・百宅を領有し、当初は矢島根井館を支配拠点としていましたが、応仁2(1468)年に大井氏が矢島に入部すると猿倉根井館に支配拠点を移したとされます。(詳細な経緯は不明) この時に中直根根井館は根井氏の「詰の城」として築かれたと考えられます。天正19(1591)年の矢島大井氏と山根館主仁賀保氏の対立期に、根井正重は同盟関係にあった矢島大井満安に叛旗を翻し、百宅根井館に立て籠もりますが、この時に中直根根井館も改修されたものと思われます。文禄3(1595)年に正重が死去すると根井氏は改易となり、この時に廃城になったようです。
中直根根井館  丘陵基部の三重堀切
メモ
鳥海山北東麓を支配した
根井氏の「詰の城」
形態
山城
別名
・・・・・・ 
遺構
郭・土塁・堀
場所
場所はココです
中直根前ノ沢地区西側の丘陵
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年11月3日
根井館遠景
北東側から根井館を見たところです。中央の山が根井館で比高80mほどあります。
前の沢
根井館の東側には城主居館・家臣屋敷があったとされます。
本郭切岸
大手筋は南麓から東側の先端部に至るコースが想定されますが、斜面は急峻な断崖で、さらに本郭部は切岸で削崖されています。
本郭東側の堀切
東側の先端部は堀切で遮断され、堀切底が通路として利用されたと考えられます。幅4−5m・堀底から本郭まで7−8m。
本郭
東西140m×南北80m。東西に細長い郭で、低い段差で3段に削平されています。北西縁部には高さ1−2mの土塁(写真右)が築かれ、この下には十数条の畝状竪堀が普請されています。西側の丘陵基部は三重堀切で分断され、主郭側の切岸(写真左下)は高さ7−8mに削崖されています。
三重堀切
本郭西側の丘陵基部は20mにわたり三重堀切(写真上)で分断しています。真ん中の堀切は南側斜面では二分割され四重竪堀になります。本郭側の切岸(写真左)は急峻に削崖され、高さ7−8mほどあります。
畝状竪堀
本郭の北西側斜面には、集中的に十数条の畝状竪堀が三重堀切に隣接させて普請され、三重堀切の防御力をさらに補完しています。尾根筋に対する防御は執拗といっていいほど厳重です。
竪堀
さらに本郭の南西端にも二重竪堀が普請され、三重堀切の竪堀と合わせ、都合、五重竪堀となっています。
正重寺
根井館の東方2kmにある根井氏の菩提寺です。根井正重の建立と伝わっています。