西馬音内城
秋田県雄勝郡羽後町西馬音内堀回
立地・構造
 西馬音内城は西馬音内川右岸の丘陵先端(標高185m 比高90m)に位置する山城で、北・東・西側の急斜面の断崖を最大の遮断ラインとした東西1000m×南北600mの大規模な館城です。本城域は西から東側に二の郭・主郭・三の郭・四の郭と連郭式に郭配置され、周囲には1−3重にわたり帯郭が巻かれています。大手筋は北東側稜線の尾根道が想定され、途中 2条の堀切と四の郭の外側に構築された2重の横堀で遮断されています。主郭を含む各郭は大型の郭で、側面には高さ4−7mの切岸が削崖されています。特に特徴的なのは各郭を東西に長く構築して導線を郭の側面を通していること。要は導線を兼ねた帯郭を上部の郭から攻撃できるように設定し、また帯郭の要所は竪堀で遮断するなど縄張りはシンプルですが、要所は厳重にチェックされる構造になっています。本城域から南側の尾根続き箇所には飯塚館と称される搦手を守備する郭が配置されています。飯塚館は痩尾根の不規則な凸凹を巧みに利用して普請され、尾根続きは2重の堀切と土塁で区画された虎口(1箇所は食違い虎口)で厳重に遮断されています。同地は由利玉内・矢島からの街道が横手盆地に入る谷口に位置し、また北東方向に横手盆地を眺望できる要衝地で在地勢力の拠点に相応しい場所に立地しています。
歴史・沿革
 鎌倉中期、出羽国雄勝郡に入部し稲庭城を拠点とした鎌倉御家人小野寺経道は、次男道直を西馬音内に分知て由利方面の押さえとしました。西馬音内城はこの道直が建治3(1277)年に築いたとされます。南北朝・室町期の西馬音内小野寺氏の仔細な事績は不明ですが、小野寺本家の由利方面への進出拠点とし機能していたと考えられます。戦国末期の当主西馬音内茂道(横手城主小野寺輝道の弟)は天正14(1586)年の「有屋峠の戦」に参陣するなど小野寺一門として行動しましたが、文禄元(1592)年に娘婿の矢島根城館主大井満安が山根館主仁賀保挙誠率いる由利十二頭軍に攻められると満安を西馬音内城に庇護し、 このことで茂道は横手城主小野寺義道から疑いを向けられました。しかし満安が自害することで事態は終結しましたが、茂道と小野寺本家との関係はギクシャクしたものとなり、同4(1595)年に山形城主最上義光が雄勝郡の実質支配をめざして楯岡城主楯岡満茂率いる最上軍を雄勝郡に派兵した際には最上氏に内応しています。その後、慶長2(1597)年に小野寺義道が湯沢城の奪還を目指して雄勝郡に出陣すると、茂道は最上氏から離脱しふたたび小野寺氏に与しています。(「大島原の戦」) 慶長5(1600)年、「関ヶ原の戦」で小野寺氏は西軍に味方し上杉氏とともに最上領に侵攻しましたが、「関が原の戦」が東軍の勝利で終結し上杉氏が最上領から退却すると、小野寺氏は孤立し最上氏・檜山安東氏・戸沢氏等の攻撃を受けます。この時、西馬音内城も最上軍の攻撃を受けたため、茂道は城に火をかけて庄内に遁走したとされます。その後、小野寺氏の改易で西馬音内城は廃城。
西馬音内城  三の郭の櫓台
メモ
西馬音内小野寺氏の館城
形態
山城
別名
川名池城 
遺構
郭・土塁・虎口・櫓台・
堀切・横堀・土橋・井戸祉
場所
場所はココです
駐車場
小学校の駐車場を利用する
のがベターですが、いらぬ誤
解を受けぬため許可を受け
たほうがよいです
訪城日
平成18(2006)年10月27日
平成20(2008)年4月16日
西馬音内城遠景
北東側から西馬音内城を見たところ。西馬音内城は横手盆地南西端、西馬音内川右岸の丘陵先端に位置し、由利郡から横手盆地に入る谷口を監視する要衝地です。麓との高低差は比高90mと比較的低いですが、城域は東西1000m×南北600mにわたり、秋田県内でも有数の巨城です。
西馬音内城へは北東麓、県道57号沿いの「大手門祉」標柱(写真左)から元西小学校・グランドを経て尾根先端部分(写真中)から山道があります。この山道が本来の大手筋と想定され、 登り始めると削平された郭らしきところ(写真右 監視の番所)を経てなだらかな尾根道を登るように設定されています。
堀切
尾根道を進み最初に現れる遺構は四の郭手前の尾根を遮断する堀切です。1条目の堀切(写真左)は幅2−3mほどの浅く・小規模なモノですが、2条目の堀切(写真右)は幅7−8m・深さ5−6mほど、側面は竪堀で処理されています。
四の郭
規模は東西140m×南北40m。大手筋を防御する前衛陣地と想定され、東から北側斜面には段差のある横堀が二重に穿たれ、北側斜面を通る城道を遮断する竪堀に変化します。(写真左下) 西側縁部には土塁で囲まれた祠が祀られていますが、往時は櫓台(館神?)と推測されます。(写真右) この四の郭からまとまった平場が連続します。
三の郭・四の郭間の空堀
幅20m以上ある巨大な空堀で、堀底は三の郭の北・南側下の帯郭(城道)に繋がっています。(写真右) 四の郭側の縁部・三の郭南側縁部には竪堀(写真左下)が穿たれ、側面からの横移動を阻んでいます。
三の郭
規模は東西200m×南北40m、東西に2段に削平されています。北・東・南側は高さ5−7mの切岸(写真右)が削崖され、帯郭と区画するとともに防御ラインとなっています。小野寺氏の古い館城の場合(地形的制約にもよるが)、直近に虎口を作らず、できる限り塁壁下を通すことで敵の動きを監視・防御する手法が採られ、湯沢城でも同様の手法が確認できます。また四の郭に面した東端は大手筋を監視する櫓台(写真左下)と伝わります。
主郭
規模は東西50m×南北100mほど、部分的に土塁らしきものも確認できます。周囲は高さ5−7mの切岸(写真右)が削崖され、東は三の郭、西側は二の郭、北・南側は帯郭と区画され、東側の坂虎口で三の郭と繋がっています。中央には径2−3mのどでかい井戸(写真左下)が残存しています。基本的には主殿を含む日常の生活空間と想定されます。
主郭・二の郭間の空堀
幅10−15m・主郭側の深さ6−7mほど、堀底は主郭・二の郭の帯郭に繋がっています。
二の郭
主郭の西側に位置し、規模は東西60m×南北50m。写真は主郭から見たところで、主郭との比高差は3−4m。
空堀
本城域と飯塚館間の鞍部に敷設され南北に分断した空堀で、幅10m・深さ3−4mで100mにわたって穿たれています。堀底は三の郭南側の帯郭に繋がり、城道として利用されたと推測されます。
ー 飯   塚   館 ー
飯塚館は西馬音内城の搦手(南側の丘陵基部)を守備する郭で、城内最高所(標高184m)に位置します。本城域とは空堀で分断され単独の砦と捉えることも可能。郭は大きくは3郭からなり、長辺70mのいびつな三角形の郭(2個)と飯塚館からなり、北端の郭には縁部をカバーするように帯郭が配置されています。搦手は二重の堀切で遮断され、食違い虎口で外部と繋がっています。城内で最も新しい築城技術が使用された郭です。
飯塚館近景
(写真左上)北東側から飯塚館を見たところ。上段が飯塚館北端の郭で、北側縁部には帯郭が巻かれ防御ラインとしています。中央には土塁で区画された虎口(写真右上)が良好な状態で残存しています。
北側の郭
規模は東西70m×南北120m。中間部分が微妙に狭まり、比高差なく飯塚館と繋がっています。西側は急斜面の断崖、東側は緩斜面部分を段郭で処理して北側までカバーしています。
飯塚館
規模は東西90m×南北40m。北・東側は幅2−5mの帯郭(写真右上)でカバーし、急斜面の西側・尾根続きの南側は横堀(写真左下)で外部と遮断されています。南側縁部には土塁が築かれ外部との高低差を稼ぎ、南東端には土塁で狭めた虎口を配置し、外部とは土橋(写真右下)で繋がっています。
搦手虎口
さらに南側に進むと土塁で区画された虎口が現れます。外側には幅3−4m・深さ2mの空堀(写真左)が穿たれ、縁部には高さ3−4mの土塁が築かれ、堀底から高さ6−7mの巨大な壁になっています。虎口は土塁の東端に配置され、城道は土塁前面を通って空堀にかけられた土橋を渡るように設定されています。(写真右) この尾根続き部分は外部と高低差がないウイークポイントになっているため厳重にされたと考えられます。