仙道館
秋田県雄勝郡羽後町中仙道
立地・構造
 仙道館は石沢川右岸の南から北方向に延びた丘陵上(比高60m)に築かれた単郭の山城です。主郭は15−20m×40mの単郭で、北・南・東側尾根を堀切で分断して城域を区画し、東側に1段、西側に2段の帯郭を敷設させています。堀切は北側で深さ5−6m、南側は深さ3−4mですが、それぞれ二重堀、三重堀となっています。西側斜面は急峻な断崖になっていますが、東側は小尾根を派生させ比較的緩斜面になっているため、帯郭は主郭の5−6m下に敷設され北・南側の端部は連続畝堀を普請し、尾根筋からの侵入に対応しています。城域は単郭のため狭小ですが、在地勢力同士の武力衝突ではこのくらいのスペースでも充分だったのでしょう。また主郭から見える範囲が自領だったと想定するとドンピシャリの場所に築いたとも考えられます。仙道館を「詰の城」とした城主居館は北方1.5kmの堀内地区(遺構はないようです)に比定され、典型的な中世在地領主の城郭形態を色濃く残しています。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は『山内六ヶ村由来記』に「中仙道ニハ美作殿ト申ス城主アリ」と記され、在地勢力仙道氏と推測されます。また『奥羽永慶軍記』には小野寺氏の被官として仙道左馬介が登場します。仙道氏の出自は不明ですが、在地から発生した勢力と考えられ、鎌倉期に雄勝郡に入封した小野寺氏の勢力が拡大する過程でその支配下に組み込まれたと推測されます。中世小野寺氏領の西側は西馬音内小野寺氏が統治していましたが、仙道氏は西馬音内小野寺氏の与力として在地支配と軍役を担っていたと考えられます。
仙道館  主郭北側の二重堀
メモ
在地領主 仙道氏の要害
 別名
出平館
形態
山城
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
八幡神社鳥居前借用
訪城日
平成20(2008)年4月16日
仙道館遠景
西麓から仙道館を見上げたところ。南北に延びた頂部の主郭の脇には堀切が確認できます。比高60mほどで直登できそうですが、西側斜面は急峻な断崖になっています。
仙道館へは特に登山道はありません。でっ、管理人がチョイスしたのは北側からの尾根です。ここは急斜面がほとんどなく、約10分で仙道館に到着します。
堀切
(写真左)主郭の北側を遮断した堀切ですが、多分に自然地形を利用しているため堀は浅いです。主郭側の切岸は5−6mほどあり、よく見ると尾根方向に畝堀が1条確認でき二重堀だったようです。ただしここに来るまで北側尾根には堀切は確認できず(尾根鞍部はあります)、これで本当に大丈夫だったのか不思議なくらいです。 (写真右)主郭から東側に派生した小尾根を分断した堀切で、幅7−8m・深さ5−6mほどあります。
東側の帯郭
東側尾根の堀切底はそのまま主郭東側に敷設された幅5−6m帯郭(写真左)となります。主郭とは5−6mの切岸で区画され、尾根に近い北・南側の端部は畝堀(写真右)が普請され尾根筋からの侵入を遮断しています。
主郭
15−20m×40m。狭小な郭で居住性は薄いようですが、西側は180度眺望が開け物見には適しています。
西側の帯郭
主郭の西側には幅2−3mの帯郭が2段敷設されています。当然西側斜面からの攻撃に備えたものでしょうが、西側は急峻な断崖になっています。
南側の堀切
幅6−7m・深さ3ー4mほどあります。よく見ると尾根方向に小規模な畝堀が2条敷設され、三重堀になっています。
主郭からは西側に広がる石沢川に沿った仙道谷が一望にできます。写真の南方向は袋小路になり、峠で由利郡と繋がります。現在見える風景は建物の違いはあるものの、戦国期と大差はないでしょう。