高寺城
秋田県雄勝郡羽後町新町高寺
立地・構造
 高寺城は七高山(標高303m)から東方向に延びた稜線突端(標高190m 比高110m)に築かれた山城で、頂部の主郭・二の郭と北東・南東側に延びた尾根を削平した郭群からなります。主郭は10m×30mほどの小郭で基本的には物見として機能していたと想定されます。二の郭は主郭の東側下15mに位置し、居住空間(30m×70−80m)を有した郭と考えられます。この二の郭から尾根は北東・南東側に分岐し、それぞれ地形に合わせた形で郭が配置されています。大手は東麓の龍泉寺背後の尾根先端から南東側尾根を通り主郭に繋がるコースが想定されます。高寺城は基本的には居住空間を有した館城と考えられ、東麓に想定される家臣屋敷地を外郭(有事の際の砦)とし、高寺川を外郭ラインとして防御ラインに取り込んでいたと推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は『奥羽永慶軍記』に天正14(1586)年の「有屋峠の戦」に出陣した高寺甲斐守道愛、あるいは同16(1588)年の「小野寺秋田ト合戦ノ事」に甲斐守道近と記された人物と考えられます。また『山内六ヶ村由来記』では小野寺飛騨守と見え、西馬音内小野寺氏の庶流が分知され土着した勢力と推測されます。文禄4(1595)年から開始された最上氏の雄勝侵攻で落城。
高寺城  遠景
メモ
高寺小野寺氏の要害
形態
山城
別名
 
遺構
郭・土塁?・堀
場所
場所はココです
駐車場
林道の迂回スペース
訪城日
平成20(2008)年4月20日
高寺城遠景
東側から高寺城を見たところ。なだらかな尾根の先端に位置するため低いように見えますが、比高は110mあります。手前の赤い屋根の建物は高寺氏が建立した龍泉寺(写真右)で、往時はこの周辺に家臣屋敷地があったと想定されます。
高寺城へは主郭南東側の中腹まで林道(未舗装)があり、車両でも充分通行可能です。管理人が訪城したときは残雪と倒木で通行はできませんでしたが・・・・・ 南東側尾根
尾根の途中から登ったため全体像はわかりませんが、2−3mの段差で区画された細長い郭が連続しているようです。
二の郭
30m×70−80m。思ったより広い郭で居住性は充分にあり、もともと居住空間を有した郭だったのでしょう。
主郭方向
二の郭から主郭を見上げたところ。二の郭からの比高は15m以上あり、尾根を削り残したと思われる土塁?が二の郭の北西縁をカバーしています。
土塁? 主郭
10m×30mほど。基本的には物見として機能していたと想定されます。内部には石祠が祀られています。
横堀
主郭の背後は堀切ではなく横堀で処理されています。ここから南・西側が尾根続きになっているため採られた手法のようです。畝状竪堀があるかと思い探したのですが・・・・・ありませんでした。
堀切
西側尾根には堀切は発見できませんでしたが、南側尾根に小規模な堀切がありました。堀底は尾根の側面に延び、横堀・犬走りに変化する珍しいものです。
北東側尾根
二の郭からは南東・北東側尾根に分岐しています。帰りは北東側尾根を降りました。最上段の郭(写真左上)は二の郭から20m下に位置し、30m×60mの細長い郭で2mの段差で同規模の郭がもう1段敷設されています。ここから先端部分は急斜面になっているため、5−8mの切岸で区画された小郭(写真右)が6−7段配置されています。最大の切岸は10m以上あります。(写真左下)