西 福 寺
新潟県魚沼市(旧小出町)大浦
 西福寺は天文年間(1532−55年)、芳室祖春(ほうしつそしゅん)により創建された曹洞宗寺院で、正式名称は赤城山西福寺。御本尊は鎌倉期の阿弥陀如来三尊と伝えられ、本堂内部には石川雲蝶、狩野松州など江戸期の名匠による彫刻絵画が施されています。  (場所はココです)
 本堂
享和2(1802)年、当時の住職禅翁実参(ぜんのうじつせん)により再建されたもの。本堂内部の襖絵は石川雲蝶、狩野松州のものと伝えられます。
 赤門
西福寺の第一山門。一説には坂戸城の城門のひとつとも。
 白門
安政5(1857)年に建立された西福寺の第二山門(仁王門)。
 鐘楼
建立は嘉永3(1850)年。梵鐘は三十三体の観音像を著したもので、戦時中は「勅許」の銘があったため供出除外だったそうです。
 開山堂
嘉永5(1852)年に竣工、安政4(1857)年に完成した当山開山の芳室祖春と曹洞宗の開祖道元禅師を祀った御堂。建築様式は鎌倉期禅宗仏殿構造、屋根は茅葺き二重層、上層部は入母屋造り。内部には江戸末期の名匠石川雲蝶の彫刻絵画が施されています。別名「越後日光開山堂」