松 倉 城
富山県魚津市鹿熊
立地・構造
 松倉城は魚津市街地から南東部、早月川右岸の丘陵上(標高430m 比高差350m)に築かれた山城です。城の規模は東西550m×南北500mほど、城縄張りは稜線尾根を堀で分断して郭に加工したシンプルな連郭構造になっています。また北西側の中腹には有事の際の「上屋敷」大見城平が設けられ、規模の大きい城館になっています。各郭の規模は主郭が東西80m×南北30mほど、南端部には高さ2mの段差で区画された高台(櫓台? 25−30m四方)が築かれ、さらに先端部は堀切で遮断して小郭(小祠あり)で処理されています。二の郭は東西40m×南北50m、三の郭は30m四方、四の郭は東西15−20m×南北25−30mほど、各郭を仕切った堀は規模が大きく、特に四の郭北側の堀は幅10m・深さ10m以上と巨大なもので城域を完璧に独立させています。北西側中腹に設けられた大見城平は東西120m×南北160mほど、2−3mの段差で仕切られた4−5段の段郭群に加工されています。大手筋は北麓の鹿熊地区から大見城平を経て主郭に繋がるルートが想定されます。城域は広大なまとまった平場になっており、相当数の兵の駐屯が可能なまさに天然の要害です。なお周囲には松倉城の機能補完すべく城砦群(升形
現地説明板の図
水尾城北山城武隈屋敷等)が構えられています。

 築城時期・築城主体ともに不明。『太平記』では暦応元(延元3 1338)年、越中国守護職 普門(井上)俊清が越中境川で越後の南朝勢力との戦いに敗れて松倉城に撤退したと記されおり、南北朝期頃には存在していたと推測されます。康永3(興国5 1344)年、俊清は南朝勢力に内応したため、能登国守護職 吉見氏頼と新たに越中国守護職に任じられた桃井直常の攻撃を受けて松倉城に籠城します。しかし貞和4(正平3 1348)年、松倉城は陥落し 普門氏は没落して、松倉城は桃井直常の属城となりました。観応元(正平5 1350)年、「観応の擾乱」で足利直義方に加担した桃井直常は南朝勢力と連携して幕府と対峙しましたが、次第に南朝勢力は衰退し桃井氏も没落しました。桃井氏没落後、松倉城は在地勢力の椎名頼胤の属城となり、頼胤は康暦元(天授5 1379)年、越中国守護職に任ぜられた畠山基国に出仕します。亨徳3(1454)年に勃発した畠山持国の後継問題をめぐる内訌は、さらに「応仁の乱」の一因となります。椎名氏は畠山政長を擁して東軍に加担して戦い、乱後には越中国新川郡守護代となり、増山城主 神保氏と越中を二分する勢力に成長しました。永正16(1519)年、神保慶宗が守護職 畠山氏からの独立を目指すと、守護職 畠山尚順は越後国守護代 長尾為景に合力を依頼します。この際、椎名慶胤は神保慶宗方に加担して越後勢と戦いましたが、翌17(1520)年に降伏、自害しました。大永元(1521)年、長尾為景が新川郡守護代に任ぜられると、為景は椎名長常(慶胤の弟?)を又守護代に起用して新川郡の支配を委ねました。天文5(1536)年、長尾為景が死去すると後ろ盾を失った椎名氏の支配は不安定となり、神保氏の再興を目指した神保長職は郡境神通川を越えて新川郡に侵攻しました。(「越中大乱」) 乱は越中国守護職 畠山稙長の仲介で終結しましたが、富山が神保領となるなど、椎名氏にとって不利な条件での和睦となりました。その後、長尾景虎(後の上杉謙信)による越後統一が着々と進むなか 越中では椎名氏の勢力が回復し、永禄2(1559)年 椎名康胤は富山城の神保長職を攻撃します。 翌3(1560)年、神保長職は武田信玄・一向一揆と結んで松倉城を攻撃しましたが、康胤の救援要請を受けた長尾景虎が越中に出陣し神保勢は増山城へ撤退させられました。康胤は景虎の従兄弟長尾景直を婿養子として椎名家へ迎え長尾氏との同盟関係を強固なものとし、越中の一国支配を目論むようになります。 しかし同9(1566)年、家臣の謀反により七尾城を追放された能登国守護職 畠山義綱の処遇をめぐり、上杉氏との関係はギクシャクしたものとなり、同11(1568)年 康胤は武田信玄・一向一揆勢力と結んで上杉支配から離脱しました。そして翌12(1569)年、謙信は康胤の籠城する松倉城を攻撃し、康胤を追い落としました。椎名氏没落後の松倉城へは謙信の被官 河田長親が番将として入城し、越中制圧と椎名氏の家督を継承した長尾景直の補佐にあたました。天正6(1578)年、謙信が急死すると上杉家の家督を争う「御館の乱」が勃発し、椎名(長尾)景直は三郎景虎方に加担しました。そして上杉家中の内訌を好機と捉えた織田信長は神保長住を飛騨口から越中に侵攻させ、「月岡野の戦」で上杉軍を撃破し越中に一定の勢力を扶植します。天正9(1581)年、河田長親が松倉城で死去すると須田満親が越中に派遣され織田軍と対峙しましたが、翌10(1582)年の「魚津城の戦」で上杉軍は柴田勝家率いる織田軍の猛攻の前に玉砕しました。同年、勃発した「本能寺の変」で上杉軍は一時的に新川郡を回復しましたが、翌11(1583)年 佐々成政の攻撃を受けて越中を放棄しました。成政は当初、松倉城を居城としましたが富山城に支配拠点を移したため松倉城は城番支配となり、同13(1585)年の「富山の役」で佐々氏が没落すると前田氏が城番を配置したとされます。廃城は元和年間と伝えられます。
歴史・沿革
松倉城 主郭
 メモ
越中守護代 椎名氏の要害
 形態
山城
 別名
鹿熊城 
遺構
郭(平場)・土塁・櫓台・虎口・
石積・堀
場所
場所はココです
 駐車場
主郭下に駐車場あり
訪城日
平成15(2003)年10月16日
平成17(2005)年 9月 7日
松倉城は早月川の右岸、升方城と武隈屋敷のある丘陵地にに挟まれた鹿熊谷奥の丘陵上に築かれた壮大な山城です。(写真左上ー北西側からの近景 写真右上ー北側からの遠景) でっ、麓の鹿熊地区は袋小路状の地形になっていて、往時は松倉城の城下が構えられていたのでしょう。寺屋敷は焼山砦と呼ばれ角川の谷口を扼する砦と推測され、またおやしきは城主が日常生活をする居館と伝えられます。(写真左) でっ、松倉城へは水尾城との間にある角川ダムから林道が城址碑のある主郭下まで敷設され楽に訪城することができます。(写真左下) 駐車場も充分な広さがありますが、3−4回の訪城で駐車しているのを見たことはありません。でっ、城址碑から少し登ると主郭です。(写真右下)
主郭(写真左上)
城域最高所に位置し、規模は東西80m×南北30mほど。広いです。南端部には高さ2mの段差で区画された高台が築かれ、さらに先端部は堀切で遮断して小郭(小祠あり)で処理されています。(写真右上) 西側下には高さ3−4mの切岸で区画された腰郭が1段配置され(写真右)、ここには土塁で区画された虎口が見られます。(写真左下) また切岸には部分的に石積の痕跡も確認できます。(写真右下)
主郭からは雑木に遮られ北・北東側の眺望は利きませんが、西・北西方向は一望にでき、西側丘陵に築かれた松倉城の城塁群水尾城(写真左上)・升方城(写真右上)を見下ろし、さらに滑川・新川平野を眺望できます。
主郭・二の郭間を断ち切った堀切は幅6−7m・深さ4−5mほど。(写真左) このあとの堀切があまりに巨大なため、印象はちょっと薄目です。
二の郭(写真左下)
規模は東西40m×南北50mほど。南北に低い段差で2段に加工され、南端部分は虎口を守備するため2段の小郭で処理されています。(写真右下)
二の郭・三の郭間の堀切は幅7−8m・深さ5−6mほど。(写真左上) 三の郭側は尾根を土塁状に削り残して虎口としています。(写真右上)
三の郭(写真右)
規模は30m四方ほどの円形の郭。南側縁部(二の郭側)には低めの土塁が築かれ(写真左下)、西・北側下には腰郭が1段敷設されています。どちらかというと特徴のない郭ですが、ここから尾根を分断する堀切は巨大になることから、搦手を防御する重要な郭だったと推測されます。でっ、その三の郭・四の郭間の堀切は幅10m・深さ7−8mほど。(写真右下) ヒェーッと思うほど切岸は急峻です。
(写真左上) 三の郭・四の郭間の堀切(竪堀)
 
四の郭(写真右上)
規模は東西15−20m×南北25−30mほどの小郭。南・北側縁部には低めの土塁が築かれています。(写真左) でっ、 四の郭北側の堀切は幅10m・深さ10m以上。(写真左下) これを人力だけで掘り切ったとは信じられません。アンビリーバブル!!! さらに東側斜面に延ばした竪堀は緩斜面を考慮した二重堀で処理されています。(写真右下)
ー 大 見 城 平 ー
 大見城平は松倉城の北西側中腹に築かれた郭群で、有事の際の城主・家臣の詰め郭と想定されます。規模は東西120m×南北160mほど、松倉城主郭から北西方向に延びた舌状尾根の緩斜面を最大5m(平均2−3m )の切岸で区画した4−5段の段郭群からなります。郭自体は自然地形に制約されているため、どれも不規則な形態をし、特に端部は小郭で処理されています。麓から繋がる虎口は石積で築かれたもので、直前でクランクさせています。大見城平から松倉城までの比高は80mほど、松倉城から北西方向に延びた尾根(郭群)と深く切り込んだ沢に沿って敷設された城道は、途中土塁で区画された木戸口を通るように設定されています。
大見城平へは中腹の松倉城への林道沿いからと、松倉城主郭下の駐車場から登山道が設けられていて、管理人は林道沿いから大見城平を目指しました。(写真左上ー登り口・案内杭あり) 登り口から大見城平へは比高差70mほど、登山道は旧道(大手城道)をトレースしたものと思われ、防御のため堀底道をクランクさせている箇所も見られます。(写真右上) でっ、しばらく登ると石積で構築された虎口に辿り着きます。(写真左・左下) ちなみに虎口の直前で導線はクランクするように設定されています。
(写真右下) 大見城平
松倉城の北西側中腹に位置する大見城平は東西120m×南北160mほど。北西方向に延びた舌状の緩斜面を最大5m(平均2−3m)の段差で区画した4−5段の段郭群からなり、自然地形に即したため郭はどれも不規則な形態をしています。(写真左上) でっ、大見城平から松倉城への導線は松倉城から北西方向に延びた尾根の側面を通るように設定され(写真右上)、中間部には土塁で構築された木戸口が設けられています。(写真右)