多聞院 伊沢家住宅
岩手県北上市(旧和賀町)和賀町岩沢
 伊沢家住宅は和賀川の南岸に建てられた久那斗神社(くなとじんじゃ)の別当家です。もともと伊沢氏はこの地に住み着いた羽黒派の修験者でしたが、江戸中期以降、久那斗神社の別当として影響力を持ち、明治維新後は廃仏毀釈により還俗し神職についたとされます。母屋の創建時期は不明、18世紀末ー19世紀初期の建築物と推測されています。母屋の規模は間口十間半(約20.4m)、奥行五間(約11.2m)、木造平屋建、寄棟造りの茅葺になっていて、内部には座敷などのほかに修験道場が設けられています。平成2(1990)年、国の重要文化財に指定。   (場所はココです)