相庭館
秋田県由利本荘市(旧矢島町)矢島町元町
立地・構造
 相庭館は矢島盆地の南東部、荒沢川右岸の微高地(2m前後)に築かれた平城で、単郭の城館と想定されます。現在、館内部は須郷田集落に包括されているため規模・構造等は不明瞭になっていますが、北・南側には濠祉を利用したと思われる用水堰が流れており、城域は東西に細長い形状だったと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体ともに不明。宝暦年間(1751−63年)、矢島藩郡奉行が記した『御領分覚書』には「相庭館は大井五郎満安公の御家臣相庭某の住館なり・・・・・・
・・
」と記されており、館主は由利十二頭矢島大井氏(根城館主)の被臣相庭氏の居館と推測されます。相庭氏の出自・事績等は不明。大井満安が仁賀保氏の侵略を受けて西馬音内に逃れた天正19(1591)年頃に廃城か?。
相庭館  北側からの遠景
メモ
矢島大井氏の被官
相庭氏の居館
形態
平城
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
土田家住宅駐車場借用
訪城日
平成20(2008)年10月16日
相庭館は矢島盆地南東部の微高地に位置します。(写真左上・右上) 写真ではわかりずらいですが、周囲の水田面より1−2mほど高い微高地に位置し、北・南側には濠祉を利用したと思われる用水堰が流れています。(写真左ー北側の用水路 写真左下ー南側の用水路) 現在、内部は須郷田集落に包括され規模・構造等は不明瞭になっていますが、ま〜〜〜 基本的には単郭の城館だったと想定されます。なお集落の西端には矢島大井氏の与力根井氏の末裔と伝えられる土田家の近世住宅が残存しています。(写真右下)