八森城
秋田県由利本荘市(旧矢島町)矢島町館町
立地・構造
 八森城は矢島盆地の中央西端、西から東側に張り出した舌状台地先端(比高20m)に築かれた平山城です。城の規模は東西230m×南北150mほど、城は築城当初 物見砦として築かれたものを近世陣屋に拡張改修したものと思われ、陣屋が置かれた平場の規模は東西150m×南北150mほどあります。陣屋はいたってシンプルな構造で防御パーツは西側に設けられた濠のみ。濠の西側には外郭を兼ねたと思われる家臣屋敷地が構えられ、丘陵上を「惣構」にしていたと思われます。「惣構」の規模は東西500m×南北350mほど。「惣構」の大手は南西側に設けられた表門で、ここから城下に繋がり、表門 明治四年家中絵図
『明治四年家中絵図』
からの大手筋は城内大路を経由して陣屋の大手門に繋がっています。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には応仁2(1468)年、矢島に入部した大井義久が本城根城館の出城として築いたとも。(矢島大井氏の由利入部は応仁前と思われるのですが・・・・・・・・・) 戦国末期、矢島大井氏滅亡後は山根館主仁賀保氏が城代を置いて管理しましたが、慶長5(1600)年の「関が原の戦」後、由利郡は最上領となり矢島には由利郡の支配を任された楯岡豊前守満茂の弟長門守満広が入封しました。しかし元和8(1622)年、最上家が「最上騒動」により改易になると、楯岡満広は上州酒井藩にお預けとなり、翌9(1623)年 矢島には常陸国新宮から打越左近光隆が入封します。しかし寛永12(1635)年、左近光久が嗣子なく急死したため打越氏は改易となり、同17(1640)年 矢島には讃岐高松から生駒壱岐守高俊が入封し、明治維新まで生駒氏が在城しました。慶応4(1868)年、「戊辰戦争」が勃発すると矢島藩は当初 「奥羽列藩同盟」に加盟しましたが、その後 同盟から離脱して新政府軍に加担したため、同年7月28日 矢島陣屋は庄内藩の攻撃を受けて焼失しました。明治4(1871)年、「廃藩置県」により廃城。
歴史・沿革
八森城 大手の濠
メモ
中世ー大井氏の出城
近世ー矢島生駒藩の藩庁
形態
平山城(近世陣屋)
別名
八森陣屋・矢島城
遺構
郭(平場)・虎口・濠
場所
場所はココです
駐車場
由利本荘市役所矢島支所
の駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年11月3日
平成24(2012)年6月25日
八森城は矢島盆地の中央西端、西から東側に張り出した丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上・右上) 現在、城址の大部分は矢島小学校の校地になっていて、先端の高所部分に矢島神社・矢島招魂社が祀られています。矢島小学校の西側には段丘面が広がり、往時 家臣屋敷地が設けられていましたが(写真右下)、この部分は八森城の外郭と捉えられ、段丘上を「惣構」にしていたと思われます。でっ、外郭の南西側に大手表門が構えられ(写真左)、大手導線はここから城内大路を通り陣屋の大手門に繋がっています。(写真左下)
八森陣屋の西側には縦横に交錯する大路小路が敷設され、家臣の屋敷地が設けられていました。現在の車道はこの大路小路を踏襲したものなのでしょう。なお大路小路には城下町特有の「鍵折れ」は見られず、ケッコウ遠くまで見渡すことができます。
 (写真左上) 旧楊小路祉
 (写真右上) 旧桜小路祉
 (写真右) 旧山本大路祉
 (写真左下) 旧竹小路祉
 (写真右下) 藩学日新堂祉
陣屋内部は現在、矢島小学校の校地になっているため遺構等はありませんが(写真左)、西側には往時の濠と大手門祉が残存しています。(写真左上・右上) 濠の規模は幅6−7m・長さ60mほど、濠は丘陵上を完璧に断ち切ってはおらず、鉄砲での戦闘が主流となった近世城郭としては非常に貧弱なもので、濠の機能が形骸化した頃に敷設されたものなのでしょう。(あるいは一種のファッションか?) なお小学校の東端には矢島神社・矢島招魂社が祀られる高所がありますが、たぶんここが中世の矢島大井氏時代の出城だったのでしょう。(写真右下) 規模は60m四方ほど。
旧佐藤政忠家住宅(写真左上)
明治2(1869)年に建てられた武家住宅。「戊辰戦争」で矢島陣屋・城下ともに焼失しましたが、その後 再建されました。
八森苑(写真右上)
生駒氏の重臣佐藤氏が明治10(1877)年頃、武家屋敷と明治大正期の近代和風的要素を取り込み建設した木造和風住宅。
竜源寺(写真右ー山門 写真左下ー本堂)
元和9(1623)年、矢島に入封した打越左近光隆が打越氏の菩提寺として開基した寺院。打越氏改易後は矢島に入封した生駒氏の菩提寺となり、境内には初代藩主高俊の墓所が建てられています。(写真右下)