木 境 神 社
秋田県由利本荘市(旧矢島町)矢島町城内
 木境神社のあるこの地は貞観12(870)年、京醍醐寺の聖宝尊師理源大師が諸国巡錫の途中、矢島口から鳥海山頂をきわめ 鳥海修験の法燈をともした地と伝えられ、以後 鳥海修験の修行の場として神聖視されてきました。その後、建長6(1254)年 鳥海山の山頂に祀られる大物忌神社の分霊を勧進して新たに修験道場を創建、境内には新山堂・本山堂・火宿堂や福王寺
現地説明板の図(左が北方向)
以下18坊が設けられ祈願所・修験道場として整備されました。創建当時、神仏混合が一般的だったため、本山堂には役行者(えんのぎょうじゃ)木像が、新山堂には大物忌神社の本地仏薬師如来像が祀られていました。近世に入ると木境大物忌神社は矢島藩主生駒氏の崇拝を受け、生駒氏の祈願所として庇護され社殿の修繕費用、祭祀料の寄進がなされていました。また藩政期には鳥海山の開発経営をめぐって同じく鳥海修験の道場のあった蕨岡とたびたび争いごとを起こし、元禄14(1701)年には山頂社殿の建替えをめぐり、同16(1703)年には山頂の境界線をめぐって矢島藩・庄内藩を巻き込んだ争いを起こしています。近代に入り明治初年の神仏分離令により仏式は廃され、本山堂・新山堂は一社にまとめられて木境大物忌神社と社名は改められました。現在の社殿は明治18(1885)年に再建されたもので、桁行三間、梁間三間、正面一間向拝付の茅葺寄棟造り。平成21(2009)年、国の指定史跡に指定され、毎年7月8日には「虫除け祭り」(春の大祭)が、10月19日から6日間は山籠り神事(秋の大祭)が執り行なわれています。  (場所はココです)
社殿 
社殿 
道者道 
鳥海山麓の矢島、小滝蕨岡吹浦、滝沢はそれぞれ鳥海修験の宗徒道場が設けられ、隣接して道者道と呼ばれる鳥海山への登拝道が敷設されていました。
開山神社 
近世、「行者堂」と呼ばれていた開山神社は嘉祥3(850)年、美濃国土田村からこの地に移住して矢島口の道者道を切り開いたとされる比良衛(ひらえ)多良衛(たらえ)兄弟と薬師如来が祀られています。現在の社殿は明治16(1883)年に再建されたもの。