根井館
秋田県由利本荘市(旧矢島町)矢島町新所
立地・構造
 根井館は子吉川左岸の独立丘陵(比高30m)に位置する平山城で、頂部を主郭に東・西側に階段状に郭を普請し、さらに西側には独立した郭(西郭)が配置された館城と推測されます。主郭は15−20m四方ほどの規模で基本的には物見等で利用された推測されます。西側縁部には土塁が築かれています。主郭の東側が大手筋と想定され、10−20m四方ほどの小郭が2段配置されています。この郭間は高さ4−5mの切岸と幅4−5mの堀で区画され土橋で繋がっています。虎口部分は坂虎口を採用し、横矢が掛けられるように設定されています。主郭の西側にも郭が2段配置され、下段の郭は30m×50mほどの規模がある大型の郭で居住スペースと考えられます。本郭の西側には堀で本郭と遮断された郭(西郭)があり、規模は20m×40mほど。西側も幅10m・深さ3−5mの堀が穿たれています。さらに北側斜面には2段帯郭が普請され、防御ラインだったと想定されます。周囲には外郭が設けられていたと思われますが不明。基本的には居住区間を含む館城として機能したと考えられます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。館主は信濃からこの地に入部(時期は不明)した「海野・滋野氏系」の根井氏と伝わります。『鳥海山の銅器識文』(鳥海山に十二神将を鋳造して奉納した時の願文銅板)によると元徳3(1331)年に滋野(根井)正家の名で奉納されていることから、根井氏は鎌倉末期には由利郡に入部していたと推測され、根井館は根井氏初期の居館と考えられます。応仁2(1468)年、大井氏が矢島に入部以降(大井氏の矢島入部も諸説ありよくわかっていませんが・・・・・・・・・)、根井氏は猿倉・直根(猿倉根井館中直根根井館)に支配拠点を移したと考えられ、その後も根井氏は矢島大井氏と同盟関係にあったとされます。天正4(1576)年、山根館主仁賀保挙長が根城館の大井満安を攻撃した際には、大井勢は根井館で仁賀保勢を撃退したと伝えられます。
根井館  本郭西側の堀
メモ
鳥海山北東麓を支配した
根井氏初期の館城か?
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・・ 
遺構
郭・土塁・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日 平成18(2006)年11月3日
平成20(2008)年10月16日
根井館は子吉川左岸の独立丘陵に築かれた平山城で、周囲からよく見える 目立つ小丘です。現在、頂上には八幡神社が祀られているため、東麓と北麓から山道があります。判断するのは難しいのですが、東麓からの道が大手筋と推測されます。(あくまで管理人の勘ですが・・・・・)
南側からの遠景 北側の登り口(八幡神社参道) 東側の登り口
本郭東側
東麓から登り始めると、すぐ主郭東側に普請された郭に辿り着きます。郭の規模は10−20m四方ほどの小郭が2段配置され、郭間は高さ4−5mの切岸と幅4−5mの堀(写真左下)で区画され、土橋(写真右下)で繋がっています。虎口部分は坂虎口を採用し、横矢が掛けられるように設定されています。ただし土橋本体は幅が2m以上あり、参道整備等で北側の堀が埋められたのかも・・・・・
主郭
頂部に位置する主郭は15−20m四方ほどの規模で基本的には物見等で利用したと推測されます。現在、ここには根井氏が信濃から勧進した八幡神社が祀られています。主郭西側縁部には土塁らしきものも確認できるのですが・・・・・
本郭西側
主郭の西側には高さ4−5mの切岸で区画された郭と、さらに城内最大の規模(30m×50mくらい)と思われる郭が2段配置されています。この2段目の郭が居住空間と想定されます。
西郭
本郭の西側には20m×40mの規模の郭(写真左上)が普請され、東側(本郭側)と西側には幅10m・深さ3−5mの堀(写真右)が穿たれています。この堀底は北側になだらかに延びて、北側斜面の帯郭(写真左下)に繋がっています。ちなみに帯郭は北側で2段確認できますが、南側は藪が酷くよくわかりませんでした。(たぶん・・・・・ 無いと思いますが・・・・・)