矢島築館
秋田県由利本荘市(旧矢島町)矢島町築館
立地・構造
 築館は矢島盆地の北端、子吉川と荒沢川に挟まれた微高地(比高2m前後)に築かれた平城で、濠で区画された単郭の城館と推測されます。規模は推定東西80m×南北150mほど、現在 城址は築館集落に包括され全体が宅地になっていますが、北・南側に濠の痕跡が見られます。なお城址東部には古寺の埋没祉があり、鎌倉後期と推測される板碑・骨壺・陶片・古瓦等が出土しているようです。(築館に関連するものか?)

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。伝承によると鎌倉初期、畠山重忠が由利郡矢島を馬草領地(牧場?)として統治した際に代官所として築いたとされます。(『八幡
寺縁起』
歴史・沿革
築館  南側の濠祉
メモ
・・・・・・・・
形態
平城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
濠祉?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年10月16日
築館は子吉川と荒沢川に挟まれた比高2m前後の南北に細長い微高地に築かれた平城で、往時 北・西・南側は濠で区画されていたと推測されます。(写真左上ー南東側から) 内部は宅地化により遺構は消滅し(写真右上)、古峯神社が祀られる南東隅には明確な段差が確認できます。(写真左・左下ー南側の段差) また北側には埋没を免れたと思われる濠祉が見られます。(写真右下)