金沢城
秋田県横手市(旧横手市)金沢本町・根小屋
立地・構造
 金沢城は横手盆地の中央東部、厨川左岸の丘陵突端(標高170m 比高90m)に築かれた山城で、頂部を主郭に、主郭の北西側に二の郭を、二の郭の北東側尾根に北郭を、二の郭の南西側尾根には西郭(安本館)を配置し、二の郭を中心に十字方向に郭が配置されていたと考えられます。各郭は急峻な断崖上の細長い尾根を利用して普請され、主郭は東西50m×南北80mほど、南東端には土塁が部分的に残存しています。二の郭は東西70m×南北30m、現在は金沢八幡が祀られ、北から東側に帯郭が巻かれています。主郭・二の郭間の鞍部からは焼米が発掘され兵糧庫
現地案内図
祉と推測されています。北郭は東西25m×南北30mほど、西から南側縁部には土塁が築かれ、東から北・西側にかけて帯状の郭でカバーされています。西郭(西本館)は東西20−25m×南北170mほど、長大な郭は中間部分で幅6−7mの堀で分断され、南端下には2−3段の郭群が普請されています。
歴史・沿革
 金沢城の初源は「後三年の役」(1083−87年)で源義家・藤原清衡に攻め滅ぼされた清原氏の居館金沢柵に比定され、築城は古代出羽を支配した清原氏とされていますが、あくまで比定地であり詳細は不明。金沢城の初見は、長禄2(1458)年頃に南部氏が一時期平鹿・仙北郡を支配し、南部氏家臣金沢(南部)右京亮が金沢城を居城としたのが初見とされます。文明2(1470)年に沼館城主小野寺泰道が南部氏勢力を追い落とすと、以後金沢城は小野寺氏の属城として在地勢力の金沢氏が在城したとされます。金沢氏は独立した在地領主で、小野寺氏より六郷城主六郷氏に近い存在と考えられますが、小野寺氏が横手盆地に北進する過程でその支配下に組み込まれたと考えられます。天文21(1552)年に横手平城主大和田佐渡守光盛と金沢八幡別当金乗坊(金沢氏の一族か?)が小野寺氏に謀反を起こし、湯沢城で小野寺雅道を自害に追い込む事件が起こります。弘治元(1555)年に雅道の子輝道は佐渡守光盛と金乗坊を攻め、この戦闘で金沢城は落城したとされます。その後、金沢氏の家督は雅道の弟道秀が継いで金沢城に入城し、道秀のあとは六郷城主六郷政乗の弟道長が継ぎました。
金沢城  二の郭・北郭間の空堀
メモ
仙北の在地領主 金沢氏の要害
形態
山城
別名
 ・・・・・・・・
遺構
郭・土塁・堀
場所
場所はココです
金沢八幡宮境内周辺
駐車場
主郭下に駐車スペースあり
訪城日 平成16(2004)年11月4日
平成19(2007)年4月19日
金沢城遠景
西側から金沢城を見たところです。金沢城は奥羽山脈から西側縁部に張り出した丘陵先端に位置します。
西側尾根先端
西側尾根先端には物見があったと考えら、横手盆地の眺望に優れています。
城壁
痩尾根の側面は急峻な断崖になっています。ほぼ垂直に麓まで滑り落ちます。
塹壕
大手筋(西側尾根)を遮断する堀切で、ここから二の郭まで2−3段の郭が配置されています。
二の郭
東西70m×南北30m。現在、金沢八幡の社地になっています。周囲は高さは7−8mの急峻な切岸(写真右)が削崖されています。
二の郭・北郭間の空堀
堀底道として利用されたと考えられます。二の郭側(写真右側)は7−8mの切岸に削崖されています。
北郭
二の郭北側下に位置し、縁部には高さ0.5mの土塁(写真右下)が築かれています。この方面は比較的緩斜面になっており、東から北・西側にかけて帯状の郭でカバーされています。東西25m×南北30m。
兵糧庫
主郭・二の郭間の鞍部に位置し、二の郭とは空堀で区画されています。焼米が発掘されたことから兵糧庫(食糧庫)があったと推定されています。
主郭
主郭は東西50m×南北80mの郭で、南東端には土塁が部分的に残存しています。
主郭背後
主郭の東側は痩尾根で丘陵基部と繋がっていますが、ここのは多重堀切が配置されていたと思われます。現在尾根は車道(写真右)で改変されていますが、かすかに堀切らしき遺構が確認できます。
西郭(西本館)
東西20−25m×南北170m。長大な郭で中間部分には幅6−7mの堀切(写真右上)が穿たれています。郭の東・西側は急斜面の断崖(写真左下)になっていますが、南側先端下には2−3段の郭(写真右下)が配置されています。