JR東日本北上線 各駅撮影の旅
秋田県横手市横手駅ー岩手県北上市北上駅
概  要
 JR北上線は秋田県横手市の横手駅と岩手県北上市の北上駅を結ぶJR東日本の鉄道路線です。営業キロは61.1km、駅数は17。もともと大正9(1920)年、同10(1921)年に西横黒(横手ー黒沢尻)軽便線、東横黒軽便線が初期開業し、同13(1924)年 全線開通して横黒線に改称。
  • 大正9(1920)年10月 西横黒軽便線 横手駅ー相野々駅間(7.7km)開通
  • 大正10(1921)年3月 東横黒軽便線 黒沢尻駅(現北上駅)−横川目駅間(14.3km)開通
  • 同10(1921)年11月 東横黒軽便線 横川目駅ー和賀仙人駅間(7.3km)延伸
  • 同10(1921)年11月 西横黒軽便線 相野々駅 - 黒沢駅間 (9.1km) 延伸
  • 大正11(1922)年12月 西横黒線 黒沢駅 - 陸中川尻駅間 (9.1m) 延伸
  • 大正13(1924)年10月 東横黒線 和賀仙人駅 - 大荒沢駅間(3.7km)延伸
  • 同13(1924)年 大荒沢駅 - 陸中川尻駅間 (9.1km) 延伸。黒沢尻駅 - 横手駅間が全線開通し横黒線に改称
  • 昭和37(1962)年12月 湯田ダム建設により岩沢駅ー陸中川尻駅(現ほっと湯田駅)間の線路付替え
  • 昭和41(1966)年10月 横黒線を北上線に改称
  • 昭和42(1967)年3月 蒸気機関車の運行廃止
  • 平成元(1987)年4月 国鉄分割民営化により、北上線はJR東日本が継承運行、貨物営業の廃止
  • 平成3(1991)年3月 ワンマン運行開始
旅の出発点は横手駅になります。(写真左上) 横手は中世小野寺氏の拠点、近世には久保田佐竹藩の支城として発展した城下町(写真右上ー横手城から城下を望む)、現在 横手城祉は横手公園として整備され(写真左ー南側からの遠景)、本丸には朝倉神社が祀られ、二の丸には模擬天守が建設されています。(写真左下) でっ、横手川東岸の城下羽黒町には黒塀の武家屋敷群が残存し、毎年2月の「かまくら」の会場になっています。(写真右下)
(写真左上) 矢美津(やびつ)駅 横手駅から4.5km、昭和38(1963)年 開業、無人駅
(写真右上) 相野々駅 矢美津駅から3.2km、大正9(1920)年 開業、簡易委託駅
(写真右) 平石駅 相野々駅から1.8km、昭和38(1963)年 開業、無人駅
(写真左下) 小松川駅 平石駅から2km、昭和26(1951)年 開業、無人駅
(写真右下) 黒沢駅 小松川駅から5.3km、大正10(1921)年 開業、無人駅、同地は中世小野寺氏の「国境」に位置しており、在地勢力黒沢氏の黒沢館があります。
(写真左上) 黒沢館祉
(写真右上) ゆだ高原駅 黒沢駅から5.2km、昭和23(1948)年 開業(国鉄横黒線の岩手湯田駅)、無人駅。なおこの辺から中世には和賀氏領、近世には南部藩領になっていて、駅の西方1.5kmには南部藩の越中畑御番所が構えられ(写真左)、白木峠道で出羽国小松川に繋がっています。
(写真左下) ほっと湯田駅 ゆだ高原駅から3.9m、大正11(1922)年 開業(1991年 陸中川尻駅からほっと湯田駅に改称)、JR直営駅。周辺には温泉が散在し、駅の前には足湯が設けられています。(写真右下) 
(写真左上) ゆだ錦秋湖駅
ほっと湯田駅から6.4km、大正13(1924)年 開業(1991年 陸中大石駅から改称)、無人駅。駅のある和賀川南岸は古代の基幹街道秀衡街道が通る要衝で、周囲には「前九年の役」時、源義家が安部貞任(安部館)と対峙した八幡館(写真右上)や奥州藤原氏の経済基盤となった鷲ノ巣金山跡があります。(写真右) *外部ページ黄金の道『秀衡街道』 なおゆだ錦秋湖駅の東方4.5kmには昭和39(1964)年、湯田ダムが完成し(写真左下)、ほっと湯田駅ー湯田ダム間の和賀川は長大な人造湖錦秋湖になっています。(写真右下) またダム建設により、岩沢駅ー 陸中川尻駅(現ほっと湯田駅)間の線路は付け替えられました。
(写真左上) 和賀仙人駅
ゆだ錦秋湖駅から8.5km、大正10(1921)年 開業、無人駅
(写真右上) 岩沢駅
和賀仙人駅から2.2km、大正10(1921)年 開業、無人駅。駅舎は公民館に利用されているほか、水沢鉱山博物館になっています。(写真左) また周囲にはこの地の羽黒修験の中心地久那斗(くなと)神社(写真左下)や別当家多聞院伊沢家があります。(写真右下)
(写真左上) 横川目駅
岩沢駅から3.8km、大正10(1921)年 開業、無人駅。駅から投法00mには蛭館がありますが遺構は消滅。(写真右上・右) なお横川目駅ー柳原駅間の和賀川に面した河岸段丘先端には北側に江釣子館五条丸館・藤根館が、南側に田中館・煤孫八幡館・上煤孫館下煤孫館岩崎城鹿島館等の和賀氏系の中世城館が散在しています。
(写真左下) 立川目駅 横川目駅から2.2km、昭和38(1963)年 開業、無人駅
(写真右下) 藤根駅 立川目駅から3.7km、大正10(1921)年 開業、無人駅
(写真左上) 江釣子駅
藤根駅から3.2km、大正12(1923)年 開業、無人駅。周囲は古くから開けた地域で、江釣子神社(写真右上)や江釣子古墳群があります。(写真左ー猫谷地古墳群)
(写真左下) 柳原駅
江釣子駅から3.1km、昭和38(1963)年 開業、無人駅
(写真右下)北上駅
柳原駅から2.1km、明治23(1890)年 開業(旧横黒線の黒沢尻駅から改称)、直営駅