郷土館
秋田県横手市(旧横手市)赤坂
立地・構造
 郷土館は横手盆地の中央東部、小高い小丘陵(比高10m)に築かれた丘城です。現在、城址は横手南中学校の敷地になっているため、規模・構造等は不明。北側を由利に繋がる街道が通っていることから、この街道筋を監視する物見砦の性格があったと思われます。
歴史・沿革
 築城時期・築城主体・館主ともに不明。横手城主小野寺氏時代の支城か?。
郷土館  遠景
メモ
 横手城の支城?
形態
丘城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・
場所
場所はココです
横手南中学校校地
駐車場
路上駐車
訪城日
平成18(2006)年8月10日
郷土館は横手市街地の南西部、現在 横手南中学校の建つ丘陵が城址です。(写真左上) ということで遠景のみで城址には立ち入っていません。当然、内部は改変されていると思われますが、中学校の校地になるほどですから規模は大きいです。周囲との比高差は10mほど、麓部分は水田になっており、往時は湿地帯・泥田堀だったかも。(写真右上)