旧 日 新 館
秋田県横手市城南町
 日新館は明治35(1902)年、旧制横手中学校(現横手高校)の英語教師として赴任してきたアメリカ人チャールズ・C・チャップリンの住居として建築された洋風建築物です。(設計 小松亀松 大工 藤村初五郎) 建物は妻木造の簡素な住居でバルコニーの柱頭飾りや窓の額縁、櫛型の(ひさし)など明治期の洋風建築の特色を残しています。チャップリン以降もアメリカ人英語教師のシャーマン・E・ステイーブンス(1903-04)、ステイーブンス・W・リッグス(1904-06)、ウイリアム・H・アースキン(1910-11)、クラーレンス・F・マッコール(1911-?)、マルチン・M・スマイザー(1914-55)が住居としました。昭和59(1984)年、県の有形文化財に指定。   (場所はココです)
現地リーフレットの所収図
外観 
外観 
2階寝室 
らせん階段