滝 沢 城
秋田県由利本荘市(旧由利町)由利町前郷
立地・構造
 滝沢城は由利平野の南東隅、子吉川右岸の河岸段丘先端(比高10m)に築かれた平城です。城の規模は推定東西380m×南北180mほど、城縄張りは本丸の東・北・西側を巻くように二の丸を敷設した梯郭式縄張りが採用され、南側は子吉川に面した段丘崖で画し、東・北・西側は外濠で外部と仕切られていました。本丸の規模は推定東西120m×南北100mほど、東・北・西側は内濠を穿ち二の丸と区画されていました。外部から二の丸へは東・北・西側の3ヵ所に虎口が設けられ、このうち西門が大手と伝えられます。また周囲には二の丸を囲うように城下集落が構えられ、北側を矢島街道が通っています。

 滝沢城は慶長8(1603)年、滝沢兵部政道により築かれたとされます。滝沢氏はもともと由利郡を領した由利十二頭滝沢氏の末裔と伝えられ、天正年間(1573−92年)の兵庫頭政家 の代に根城館主大井満安との合戦に敗れ、政家の嫡子政忠が最上氏を頼って山形に逃れ

現地説明板の図
たとされます。慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」後、由利郡が最上領になると、政忠の嫡子兵部少輔政道が前郷に所領を宛がわれ滝沢城を築城しました。しかし政道は同14(1609)年、家臣に殺害され滝沢氏の家督は弟の兵庫頭政範が継ぎましたが、元和8(1622)年 「最上騒動」により最上氏が改易になると、滝沢氏も所領を失い、この際 滝沢城は廃城になったとされます。
歴史・沿革
滝沢城 二の丸西側の外濠祉
メモ
最上氏被官滝沢氏が築いた
近世城郭
形態
近世平城
別名
 ・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
二の丸の町営駐車場借用
訪城日
平成18(2006)年12月26日
平成24(2012)年6月25日
滝沢城は子吉川の右岸、前郷地区南端の段丘先端に築かれた平城です。(写真左上) 城は南側を段丘崖で画し、他の三方は濠で仕切られた本丸・二の丸からなる梯郭式縄張りで構築されています。二の丸を囲った外濠は西側のみ用水路として残存し、北側は微かな段差で確認できるのみ。また東側は全く消滅しています。(写真右上ー西側の外濠祉 写真左ー北側の外濠祉) 濠の規模は幅20mほど、思ったより大きい濠だったようです。外部から二の丸へは東・西・東の三ヶ所に虎口が設けられ、このうち西門は大手と伝えられます。(写真左下ー西門祉 写真右下ー北門祉)
二の丸
本丸の東・北・西側を囲った平場で、西側は旧前郷小学校の校地、北側は住宅地、東側は滝沢舘団地に改変されています。(写真左上ー西側 写真右上ー北側 写真右ー東側) このため遺構はほとんど残っていませんが、西側縁部にのみ土塁の痕跡が微かに確認できます。(写真左下) 規模は高さ50cmほど、南西側でクランクしています。(写真右下) ま〜〜〜、往時 土塁はもっと高く、郭を囲っていたのでしょう。
本丸(写真左上)
規模は推定東西120m×南北100mほど、たぶん旧前郷小学校のグラウンドだったのでしょう。西側の道路は本丸・二の丸を仕切った内濠祉と思われます。(写真右上)
慶祥寺(写真左)
由利仲八郎政春の姉慶祥比丘尼が創建した庵。滝沢政道が前郷に城下を建設した際、同地に移されたと伝えられます。たぶん菩提寺として移したと思うのですが、特に滝沢氏に関するものはないようです。(写真左下ー寺の井戸祉)
前郷の舟着き場(写真右下)
明治以前の物資の運搬は子吉川に負うところが大きく、前郷の舟着き場も物資の集積で賑わったと伝えられます。