鳥海山大物忌神社 蕨岡口の宮
山形県飽海郡遊佐町上蕨岡字松ヶ岡
 創建は景行天皇または欽明天皇の御代と伝えられ、『日本三大実録』貞観十三年(871年)五月十六日の条には出羽国司の報告に飽海山上に大物忌神社があることが記されています。延長5(927)年、『延喜式神名帳』により大物忌神社は名神大社とされ大和朝廷の庇護を受け、その後 出羽国一の宮となり、南北朝期の延文3(正平13 1358)年には南朝方の陸奥守・鎮守府将軍北畠顕信が寄進書を出羽一の宮に奉書しています。中世以降、鳥海修験は神仏習合し、登り口の吹浦・蕨岡・小滝・矢島の4か所にそれぞれ宗徒が集まり、蕨岡には神宮寺として龍頭寺ほか塔頭が設けられ一定の宗教勢力に成長しました。そして吹浦の宗徒が山上の大物忌神社を吹浦に遷座したと説き、また月山神を勧請して両所宮と称したため、山上の本宮に奉仕していた蕨岡の宗徒は吹浦の宗徒と対立し、承応3(1654)年 庄内藩と幕府寺社奉行に訴えが出されました。裁定は翌 明暦元(1655)年に下され、以後 山上本宮の奉祀及び建替や嶺境争い等 山上に関連した論争に吹浦は関与できなくなり、また一の宮の名称も差し止められました。明治元(1868)年、神仏分離令により神宮寺は廃止され、同4(1871)年 吹浦宮は国幣中社に指定されましたが、明治14(1881)年 山上の本宮が国幣中社に指定し直されたため、登り口の吹浦と蕨岡の社殿は「口之宮」に定められました。昭和30(1955)年、社名は三社併せた総称として「鳥海山大物忌神社」へと改称。平成20(2008)年、国の史跡に指定。御祭神は大物忌神。   (場所はココです)
 二の鳥居と随身門
 随身門
神仏習合期の仁王門。扁額には「出羽一ノ宮」と記されています。
 宝篋印塔
寛政12(1800)年、酒田の豪商本間家三代目光丘が寄進したもの。規模は高さ5m12cm、「金剛界五仏」(大日如来の種子バン)が掘り込まれています。
 神楽殿
 蕨岡口之宮本殿
現在の拝殿は明治29(1896)年に造営されたもので、切妻つくり・銅板葺。規模は桁行三間(総長13.8m)・梁間六間(実長16.9m)・床高2.3m。正面に一間向排。
 さざれ石
「我が君は 千代にやちよに さざれ石の 巌となりて 苔のむすまで」