白根館
秋田県秋田市(旧雄和町)雄和石田
立地・構造
 白根館は雄物川左岸の南北に細長い独立丘陵(比高100m)に築かれた山城で、雄物川を自然の濠とし、東・西側斜面は急峻な断崖で防御された、大きくは3つ郭からなる連郭式縄張りの城館です。現在、南西麓から鉄塔建設のための車道が敷設され、郭はかなり改変されています。大手は西側尾根から二の郭にいたる尾根道が想定され、搦手は主郭北側尾根で堀切で遮断されています。主郭から雄物川が一望にできることから、雄物川水運と雄物川東岸の監視機能があったと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説には永正年間(1504−21年)、湊安東氏が白華城の支城として築いたとされます。館主は白華安東氏の家臣白根氏と伝えられ、天正16(1588)年の安東氏の内訌(「湊騒動」)の際には湊安東高季に属しましたが、由利十二頭が檜山城主安東実季に味方したため羽川館主羽川氏に攻略され白根館は落城したと伝えられます。
白根館  遠景
メモ
湊安東氏の支城
形態
山城
別名
・・・・・・・ 
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
駐車場
水沢集落集会所前の
駐車スペース借用
訪城日 平成17(2005)年6月13日
平成18(2006)年10月23日
白根館遠景
白根館を北東側から見たところです。雄物川が自然の濠となって、東側を防御しています。
登り道
南西麓から車道が通っています。もちろん大手ではありません。
堀切祉?
林道をしばらく登ると右側に現れます。場所は尾根の中腹あたりです。当然あってもおかしくないのですが、自然地形なのか、人為的なものなのかは不明です。
二の郭
東西30m×南北70m。鉄塔建設で改変されています。かすかに段差も認められるのですが、藪が酷くて・・・・・
土橋
二の郭から西側には尾根が派生し、この尾根が大手と思われます。二の郭からこの尾根へ少し下ると空堀をともなった土橋が現れます。
空堀
写真左の土橋脇の空堀です。上辺5−6mほど、尾根を分断しています。
西側尾根
本来の大手と想定される西側の尾根道です。少し歩きましたが、遺構らしい痕跡はありませんでした。
堀切祉?
二の郭北側尾根には堀切状の遺構?が確認できます。この辺に堀切があっても不思議ではありません。
主郭・二の郭間の郭
東西40m×南北50m。東側は車道建設で削り採られています。
主郭
東西30m×南北70m。細長い郭で、秋田方面・雄和方面を見渡すことができます。
主郭北側(搦手)
白根館の搦手になります。背後は堀底まで7−8mほどの堀切で分断されています。
堀切
主郭搦手を遮断する、上辺10mはある堀切です。現在は遊歩道整備で土橋が架けられています。