種沢館
秋田県秋田市(旧雄和町)雄和種沢
立地・構造
 種沢館は雄物川右岸、種沢地区東側の丘陵上(比高90m)に築かれた山城で、南北に細長い稜線尾根を城域としています。頂部ピークに位置する主郭は東西7−10m×南北40mほど、中央には高さ3mの櫓台と思われる高台が築かれ、北・南側には郭が配置されています。主郭の南側は高さ15mの切岸が削崖され、斜面には小郭が2段普請され、主郭の防御ラインとなっています。さらに南側の尾根先端には削平は甘いものの郭と思われる平場が配置されています。(南郭) 主郭から北側の尾根先端には北郭が配置され痩せ尾根で繋がっています。北郭の規模は東西7−8m×南北20−25mほど、北側尾根の緩斜面を三重堀で遮断し防御ラインとしています。種沢館の中枢は高い切岸と三重堀で区画された主郭から北郭の痩せ尾根と想定され、東・西側に延びた支尾根も堀切で遮断されています。各郭は尾根の若干広がった部分を削平したため小規模なもので小屋掛けするスペースしかなく、長期間の籠城には耐えられないようで、基本的には物見として利用されたと思われます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。一説では康平5(1062)年、「前九年の役」で敗れた安倍貞任の一族(家臣か?)がこの地に逃れ、種沢太郎を名乗り館を築いたとも。南北朝期、十三湊安藤氏の一族(師季? 鹿季?)が足利氏の後楯で小鹿島・秋田郡に入部して湊安東氏を称し、さらに雄物川下流域を支配下に収め、種沢館もこの頃 湊安東氏の支配下に組み込まれたと推測されます。戦国期、同地は東に戸沢氏・南に由利十二頭・赤尾津氏領に隣接した「境目」で、さらに湊安東氏の経済基盤であった雄物川水運を監視する重要拠点であったと考えられます。天文20(1551)年、湊安東尭季が死去すると尭季の外孫で養子として湊家に入っていた茂季(檜山城主安東愛季の弟)が家督を相続します。愛季は茂季を後見する名目で湊城に入ると、次第に湊安東氏の利権権益に口を挟むようになります。このため永禄10(1567)年、豊島城主豊島勘十郎重氏は川尻・下刈氏等の土豪衆とともに愛季に対して挙兵しました。種沢館はこの時、豊島勢の攻撃を受けて落城したと伝えられます。(種沢館の落城は元亀2(1571)年とする説もあるようです)
種沢館  北側尾根の三重堀
メモ
湊安東氏の「境目の城」
形態
山城
遺構
郭・堀
場所
場所はココです
種沢地区東側の丘陵
駐車場
種沢神社(種沢集会所)
駐車場借用
訪城日
平成21(2009)年1月9日
種沢館は雄物川の右岸、種沢地区の東側丘陵に築かれた山城で、南北に細長い尾根を城域としています。城へは西麓の種沢神社の裏から山に入り、尾根に造られた堀底道(近世の種沢神社参道)を通り尾根まで登ります。堀底道は尾根に普請されたと思われる堀切に繋がっています。
種沢神社 堀底道 堀切
南郭
堀切からまずは尾根を南側に進みました。この部分は竹笹で覆われているため削平されているのか不明瞭になっていますが、主郭との比高差がそれほどないことを考えると、郭として使用されていたと推測されます。規模は東西7−8m×南北20mほど、東・南・西側は急斜面になっています。ちなみに南側尾根を少し降りましたが堀切はないようです。

南郭から堀切に戻り、尾根を北側に進むと主郭南側の切岸に突き当ります。ここも竹笹が酷く写真ではわかりずらいですが、高さ15mの斜面に小郭(写真右)が2段の配置され、城道は東側側面を通るように設定されています。
主郭
規模は東西6−7m×南北10mほどの高台(櫓台?)を中心に北・南側に郭が配置された構造になっています。全体の規模は東西7−10m×南北40mほど。南側は前述した切岸で区画され、西側の支尾根は堀切(写真左下)で遮断され、北側は痩せ尾根に繋がっています。近世、ここには種沢神社が祀られていたようです。(現在は山麓に移築されています)
北郭
主郭から北側は3m下って痩せ尾根で北郭(写真右)に繋がっています。尾根には堀切等があってもおかしくないのですが・・・・、ありません。北郭の規模は東西7−8m×南北20−25mほど。
北郭の北側尾根は緩斜面を三重の堀切で遮断しています。堀自体は緩斜面を利用しているため浅いものですが、切岸は6−7mの高さを確保しています。また2条目の堀は横堀状に東側斜面に延ばし畝堀で処理しています。(畝堀については崩落等もあり、確信は持てませんが・・・・・)