岩崎城
秋田県湯沢市岩崎
立地・構造
 岩崎城は横手盆地の南部、皆瀬川左岸の北西方向に張り出した稜線突端(標高110m 比高30m)に築かれた丘城です。城の規模は東西250m×南北180mほど、城縄張りは頂部を加工して構築された主郭・二の郭と主郭・二の郭の南側下に敷設された三の郭、周囲を
岩崎城概念図
囲った帯郭群からなり比較的シンプルな構造になっています。規模は主郭が東西70m×南北90m、二の郭が東西80m×南北20−30m、三の郭が東西70m×南北50mほど、二の郭には櫓台と思われる高台が、三の郭には井戸が残っています。なお岩崎城から南東1kmの丘陵ピークには「詰の城」と想定される遺構があるようです。(未確認) また岩崎城の西麓には羽州街道が通っており、岩崎城は街道と皆瀬川舟運の監視を目的とした湯沢城の支城と推測されます。

 築城時期・築城主体ともに不明。『奥羽永慶軍記』では天文年間(1532−55年)頃から岩崎河内守の名が見え、この人物が城主と推測されます。岩崎氏は湯沢小野寺氏の庶流と思われ、湯沢領の北部を守備していたと推測されます。天正18(1590)年の「奥州仕置」で雄勝郡は最上領と認定されましたが、横手城主小野寺義道はこれを認めず、継続支配を実施しました。このため山形城主最上義光は文禄4(1595)年、実質統治をめざして楯岡城主楯岡満茂率いる最上軍を雄勝郡に派兵しました。この軍事行動により岩崎城は湯沢城とともに陥落し、城主岩崎義高は討死したと伝えられます。そして湯沢城が最上の属城となると、岩崎城には原田大膳が城将として入城しました。以後、岩崎城は最上氏の属城として「関が原」まで小野寺氏との軍事緊張が続いたとされます。佐竹氏時代の元和元(1615)年、「一国一城令」により廃城。
歴史・沿革
岩崎城  三の郭の玉子井戸
メモ
岩崎小野寺氏の館城
形態
丘城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・櫓台・虎口・井戸祉・濠祉
場所
場所はココです
駐車場
千年公園駐車場
訪城日
平成18(2006)年8月10日
平成20(2008)年5月16日
岩崎城は皆瀬川の南岸、岩崎地区東側の小高い丘に築かれた丘城で、現在は「千年公園」として整備されています。(写真左上ー北西側からの遠景) でっ、大手に想定される南麓には濠祉が残り(写真左)、また天ヶ台山に繋がる東側は鞍部を利用した堀で区画されています。(写真右上ー現在は奥羽線が通る) 最下段の郭は幅10−25mで主郭部の東ー南ー西側をカバーする帯郭だったようです。(写真左下ー西側の帯郭 写真右下ー南側の帯郭) ちなみに帯郭の南西部には岩崎八幡が祀られ、西帯郭の中央には水神社が、北端には「鹿島様」が祀られています。
(写真左上) 岩崎八幡
(写真右上) 水神社
(写真右) 「鹿島様」
「鹿島様」とは村の疫病退散、家内安全、五穀豊穣を祈願して奉納されたワラ人形のこと。
三の郭(写真左下)
主郭・二の郭で馬蹄状にカバーされた平場で規模は東西70m×南北50mほど。ま〜〜〜、岩崎氏の日常居館が構えられていたと想定され、北側には「玉子井戸」と呼ばれる水の手があります。(写真右下)
二の郭(写真左上・右上)
主郭の西側に位置する平場で、規模は東西80m×南北20−30mほど。平場の中央東寄りには櫓台と思われる高台が築かれ(写真左)、妙見神社が祀られています。(写真左下) 櫓台?の規模は10−15m四方高さ3−4mほど。主郭・二の郭間の高低差は3−4mほど、浅い堀切状になっていて、導線は堀底から主郭に繋がっていたと思われます。(写真右下)
主郭(写真左上・右上)
規模は東西70m×南北90mほど、L字状にクランクした平場で、南側に1段(写真左下)、北側には2−3段の帯郭が敷設されています。(写真右) でっ、東側斜面にも帯郭群が敷設されているようですが・・・・・・・・・・、藪が酷く未確認。(写真右下) ま〜〜〜、公園整備のため特に遺構等は認められませんが、横手平野を一望にできる高所に位置します。
 
(写真左) 主郭から十文字方向を望む