松岡城
秋田県湯沢市松岡字新城
立地・構造
 松岡城は白山(標高285m)の北東側支尾根先端(標高140m 比高50m)に位置する平山城で、主郭を中心にした単郭の城砦です。頂部を主郭に、東側に三段の段郭が削平され、東・南側は4−5段の帯郭が巻かれ、比較的急峻な北側斜面にも1−2段帯郭が配置されています。搦手と想定される西側の丘陵基部は二重堀切と堀切で厳重に遮断されています。松岡城は規模が小さく、「詰の城」というより、湯沢方面から西馬音内に向かう街道を監視する物見の砦として機能したと推察されます。   (松岡城図
歴史・沿革
 築城時期は不明。小野寺氏被官松岡氏が築いたと想定されます。松岡氏は『奥羽永慶軍記』では、松岡伯耆守・松岡越前守の名が見え、この地の在地領主と考えられます。
松岡城 搦手の二重堀切
メモ
小野寺氏被官
松岡氏の城砦
形態
平山城
別名
・・・・・・ 
遺構
郭・堀切・横堀・畝状竪堀
場所 場所はココです
松岡新城地区背後の丘陵
駐車場 集落内は道幅が狭く
路駐は無理、集落から
少し離れた場所に駐車
するとのが無難です
訪城日
平成18(2006)年11月18日
松岡城遠景
北東側から松岡城を見たところです。比高は50mほどですが、急斜面のせいか、それ以上あるように見えます。
床舞に向かう間道
新城集落の西端から床舞に向かう間道です。ここから松岡城に向かいます。
神明社
集落から800m進むと神明社があります。ここから左側の藪にに入り、直登します。
横堀
登りはじめて尾根に近ずくと横堀が現れます。南西側斜面に穿たれた横堀で小規模です。
二重堀切
右上の横堀を西方向に進むと、横堀は丘陵基部を分断する二重堀切と合流します。畝もよく残存し、城の規模に比べると大規模です。
堀切
二重堀切から30mほど搦手方向(西側)に進むと、小規模な堀切が現れます。幅2−3mほどでなんとなく作ったという感じがします。
主郭切岸
主郭西側の切岸で、写真右側が二重堀切になります。高さ10m以上あります。
主郭北側の切岸
写真では解りずらいですが急斜面になっています。
畝状竪堀
二重堀切に隣接させ、北西側斜面に3条ほど確認できます。畝は1−1.5mほどで大きなものではないです。
主郭の西側斜面
主郭西側切岸上には、腰郭・横堀(写真)が各1段ずつ配置されています。小規模ながらかなり厳重です。
主郭
主郭は低い段差で4郭に区画されていたようです。北・南側は急斜面で、北側斜面(写真右)には3−4段の帯郭が配置されています。東西110m×南北25m
東側尾根の段郭群
主郭東側は大手筋と想定され、高さ5−6mの段差で3段の郭が削平されています。この部分の切岸(写真左)と郭(写真右)の残存状況は良好です。