中屋敷館
秋田県湯沢市高松字中屋敷
立地・構造
 中屋敷館は宇留院内川の右岸、北から南側に張り出した丘陵先端(標高268m 比高100m)に築かれた山城で、背後を堀で断ち切って城域を区画しています。基本的には段郭を防御手段とした古いタイプの城砦ですが、東・西側斜面には帯郭が巻かれ、さらにその下には東側斜面には横堀が穿たれ、西側斜面には畝状竪堀が普請され強固な防御ラインを構築しています。大手筋は南西側の尾根道と想定されますが、尾根には郭等の施設は見られず(消滅か?)、本城域に入る手前に二重堀・竪堀が普請されるのみです。本郭は30m×60−70m(腰郭を含む)の規模があり、短期間の臨時的な居住は可能なようです。また主郭からは南麓の高松川流域が180°眺望できる要衝で物見としての機能も想定されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。菅江真澄の『雪の出羽路』には、「古柵の跡、館山讃岐守某の居館といへり、館ある山てふ事にて館山てふ事にや、また館山氏たらむか。井戸が沢といふに其世の古井あり」と記されていますが、小野寺氏の被官に館山氏と呼ばれる家臣はおらず、この周辺を所領としていた小野寺氏被官の八乙女氏あるいは御返事氏の城館と推測されます。同地は鎌倉中期に雄勝郡に入部した小野寺氏が拠点とした稲庭城へ、高松川流域から宇留院内峠を越えて繋がる峠口にあたることから、小野寺氏譜代が入部した可能性があります。遺構として畝状竪堀が残存していることから戦国末期まで使用されたと思われます。
中屋敷館  南側からの遠景
メモ
・・・・・・・・・
形態
山城
 別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭・堀・畝状竪堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)4月25日
中屋敷館遠景
高松川沿いの南西側から見た中屋敷館です。独立丘陵に見えますが北側で尾根と繋がっています。比高100m。
中屋敷地区
中屋敷館の南麓中屋敷地区には居館があったとされますが、宅地化・圃場整備で消滅しています。
中屋敷館へは、中屋敷館の南麓を西流する宇留院内川(写真左)を渡り、直接登るしかないようです。管理人は南東麓(写真中)から直登を開始し、急斜面(写真右)を約60−70mほど樹木にしがみつきながら登りました。下山は南西側尾根から降りましたが、こちらの方が尾根が緩斜面になっている分、登り易いかもしれません。
横堀
城域の南東側斜面に穿たれた横堀で、幅3m・長さ30−40mにわたり穿たれています。横堀の中間部分には虎口らしき切り込みも見られ、武者隠しのような機能も想定できます。東側斜面は傾斜がキツイだけに相当厳重な防御といってよいようです。
段郭群
主郭から南東側に延びた尾根は高さ2mの段差で5−6段の段郭で処理され、不規則に犬走り状の通路を東側斜面に延ばしています。
本郭
30m×30m。内部は雑木で相当荒れているため形状がよくわかりませんが、北と南側に0.5−1mの段差で区画された腰郭が1段ずつ配置され、全体として30m×60−70mの規模があり、臨時的な居住は可能なようです。さらに東側に1段、西側に2段帯郭(写真右)が巻かれています。
土橋
主郭背後(北側)の尾根は幅3−4mの空堀で分断されています。ここには土橋が掛けられていますが、これは後世に掛けられたものと思われ、堀も相当埋没しています。
畝状竪堀群
西側斜面は相当の急斜面になっていますが、ここにも「小野寺氏の境目の定番」畝状竪堀が22条(一応数えました・・・・・・・・)、敷設されています。緩斜面の南西側尾根から西側斜面への横移動を封じた防御施設なのでしょう。
南西側尾根
緩斜面の南西側尾根は大手筋と想定されます。管理人はこの尾根から下山したのですが、ここにも尾根道を遮断するように防御施設が敷設されています。 (写真左)尾根道を狭める竪堀 (写真右)写真では見ずらいですが二重堀です