関口城
秋田県湯沢市関口
立地・構造
 関口城は雄物川の右岸、東から西側に突き出した丘陵突端(標高234m 比高110m)に築かれた山城で、北・南側は沢に落ち込む急峻な断崖、東側の丘陵基部を三重堀で断ち切って城域を区画しています。郭配置は頂部に構築された主郭を中心に、北・西・南側斜面に5−6段の郭が配置されています。大手は西側斜面と推測され、現在は八幡神社の参道が整備されています。関口城は規模は小さいながら、比高が高いことから、「詰の城」、雄物川流域の監視が主な機能だったのではないかと推測されます。また雄物川対岸には上の宿館があり、連繋等の機能があったと想定されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は小野寺氏の被官細川氏(関口氏)と伝えられます。文禄4(1595)年の最上氏の雄勝進攻で、関口氏は最上氏に内応したとされ、最上氏の雄勝鎮圧後は最上氏被官伊良子大和守が関口城に入城したとされます。
関口城  南麓からの遠景
メモ
小野寺氏の被官 関口氏の要害
形態
山城
別名
・・・・・・ 
遺構
場所
場所はココです
駐車場
八幡神社鳥居前に空地あり
訪城日
平成18(2006)年11月19日
八幡神社鳥居
県道277号沿いの八幡神社鳥居から八幡神社方向に進みます。しばらく進むと参道が現れます。
八幡神社参道
ここから参道石段で比高70mを登ります。とても急で苔が滑りやすいです。(管理人は見事に転びました)
郭か?
参道脇の西側斜面には幾つか郭らしき削平地が確認できますが、往時の遺構かは不明。
西側斜面の郭か?
八幡神社の一段下に小社が祀られています。この細い帯状の郭は南側に回りこんでいます。
八幡神社
小社から6−7m上が八幡神社になります。ここも郭だったと考えられます。東西40m×南北50m。
南側斜面の段郭
八幡神社から南側斜面には数段の郭が配置されています。っといっても写真では?です。
八幡神社上の郭
八幡神社の上部(西側斜面)には3−4段の段郭があったようです。そのうち1段は、現在林道(写真右)が通っています。切岸は高さ10mあり、急峻に削崖されています。
主郭南側斜面
林道は西から南側に回りこんでおり、主郭南側の切岸(写真左)が往時の遺構かは不明。主郭虎口( 写真右)はこの南側斜面にあります。
搦手方面
主郭背後(東側)は3本の堀切で遮断されていましたが、林道敷設で完全に消滅しています。
腰郭
写真は主郭北東側の腰郭になります。幅15mで北東側から搦手口までカバーしています。
主郭
東西80m×南北40m。西端に虎口を兼ねた小郭が1段配置されています。北側には沢が切り込み、急峻な断崖(写真右)になっています。