湯沢城
秋田県湯沢市古館山
立地・構造
 湯沢城は雄物川東岸、北西方向に延びた丘陵上(標高230m 比高140m)に位置する山城で、大きくは主尾根を堀切で分断した二の郭(北砦)・主郭・馬場からなります。二の郭は城域北端に位置し、30−40m×120mの規模があり、北側から階段状に3段に削平されています。基本的には本城域の北側を守備する郭と想定されます。主郭は東西30m×南北80mの規模があり、居住性を有した郭と想定されます。南側縁部には高さ5−6mの五社壇があり、城主の祈願所と伝えられます。当初は祈願所として使用されたと思われますが、室町以降、平時居
現地案内図
館を麓に移したあとは櫓台として利用したと想定されます。主郭北側の緩斜面は2−3mの段差で数段の段郭で処理されています。この部分は防御ラインがかなり広範囲にわたるため、城道は段郭群を通さず東側の最下段を通して段郭群から監視できるように設定されています。さらに城道を途中竪堀で狭めるなど、同じ形態は同時期に小野寺氏が築いたと推測される西馬音内城でも見られる手法です。馬場は30−40m×140mの長細い郭で、北から馬場・矢場・星場と称され、基本的には練兵場のような場所だったと想定されます。(佐竹氏時代か?) 南端部には西から南側に高さ2−3mの土塁が築かれ、背後は尾根鞍部を利用した堀切で遮断されています。
歴史・沿革
 鎌倉中期、雄勝郡に入部し稲庭城を本拠とした鎌倉御家人小野寺経道は三男道定を湯沢に分知し、湯沢城は道定が築いたとされます。以後、湯沢城は小野寺氏領南部を守備する拠点として機能しました。天文21(1552)年、横手佐渡守(大和田光盛)と金沢金乗坊が主家小野寺雅道を沼館城に襲い、雅道を湯沢城に遁走させる事件が勃発しました。クーデターは雅道を自害に追い込んだ横手・金沢軍の勝利で終結しましたが、弘治元(1555)年に雅道の嫡男輝道により横手・金沢氏は滅ぼされることとなります。天正18(1590)年、輝道の嫡男義道は豊臣秀吉の「小田原攻め」に参陣し所領を安堵されますが、「太閤検地」以後、雄勝郡は最上領として認定されてしまいます。しかし義道が雄勝郡の領有を主張して最上氏の雄勝侵入を拒んだため、国境いの軍事緊張はにわかに高まりました。湯沢城へは小野寺一族の小野寺源七郎・孫七兄弟が入城して守備しましたが、文禄4(1595)年に楯岡城主楯岡満茂を大将とした最上軍が雄勝侵攻を開始しました。この侵攻には小野寺氏被官の関口城主佐々木春光、上の宿館主山田高道等が最上氏に内応したため、役内川流域から侵入した最上軍は湯沢城まで侵攻して籠城する小野寺軍と対峙しました。後詰のない小野寺軍は最上軍に抵抗するものの源七郎・孫七兄弟は討死して湯沢城は落城しました。さらに最上軍は岩崎義高の守備する岩崎城を陥落させ、皆瀬川以南を平定して湯沢城へは楯岡満茂が城将として入城しました。翌5(1596)年、小野寺義道は湯沢城奪回のための陣触を発します。湯沢を目指して南下した小野寺軍は大島原で最上軍と武力衝突に及び、勝敗はつかなかったものの義道は横手へ退却しました。小野寺軍の退却をみた最上軍は兵を進めて馬鞍城を陥落させ小野寺氏への抑えとし、さらに稲庭城・三梨城・川連城の雄勝郡東部3城を攻め落とし支配領域を拡大させました。慶長5(1600)年の「関ヶ原の戦」で小野寺義道は最上氏と対峙したため戦後改易となり、湯沢城へは秋田に入封した佐竹氏の一族佐竹義種(佐竹南家)が入城しますが、元和元(1615)年の一国一城令で湯沢城は廃城となりました。
湯沢城 主郭の五社壇祉
メモ
小野寺氏領南部の
軍事拠点
形態
山城
別名
 ・・・・・
遺構
郭・土塁・櫓台?・堀切
場所
場所はココです
湯沢市街地東側の丘陵
駐車場
中央公園駐車場
訪城日
平成18(2006)年6月29日
平成20(2008)年4月25日
佐竹南家の門
昭和55(1980)年に現在地に移築された佐竹南家の門です。市役所側(北側)から登る場合、ここを通ります。
堀切
北西側の支尾根から主尾根に繋がる直前に穿たれた浅い堀切です。ここを越えると二の郭(北砦)になります。
二の郭(北砦)
城域の北端に位置し、「北砦」と呼ばれています。30−40m×120mの規模があり、北側から階段状に3段に削平され、まとまった平場になっています。基本的には本城の北側を守備する郭だったのでしょう。
大堀切
二の郭・馬屋郭間の堀切で、幅10m・深さ5−6mほどあり、主尾根を分断して本城域と二の郭を独立させています。
馬屋郭
主郭北側の緩斜面は段郭で処理されています。郭間の段差は2−3mほど、防御ラインがかなり広範囲にわたるため、城道は東側の最下段を通し、途中竪堀で狭めています。段郭はこの城道に対して普請されています。
物見郭
主郭の北西側、湯沢方面に突き出した小尾根先端に位置します。ここからは雄物川に沿った南北に細長い平野部(写真右)を180°眺望できる要衝地です。
主郭
東西30m×南北80mの規模があり、居住性を有しています。南側縁部には高さ5−6mの五社壇(10m×20m 写真左下)と称される土壇があり、城主の祈願所と伝えられます。最初は祈願所として使用されたと思われますが、室町以降、平時居館を麓に移したあとは櫓台として利用したと想定されます。
堀切
五社壇の南側には尾根を分断した堀切があったとされますが、ほぼ消滅し側面に竪堀の痕跡が残るのみ。
馬場
30−40m×140mの長細い郭で、北から馬場・矢場・星場と称されています。基本的には練兵場のような場所だったのでしょう。
土塁
馬場の南端、尾根が若干膨らんでいる星場と称される部分の西から南側縁部には高さ2−3mの土塁が築かれています。土塁の南東隅は幅が広く櫓台と想定されます。
搦手
馬場の南側は尾根鞍部を利用した堀切で丘陵部と分断されています。とっ、いっても明確な堀切は見られず、鞍部部分は林道で改変されています。一応ここで城郭としては完結しています。