新田目城
秋田県横手市(旧十文字町)十文字町鼎
立地・構造
 新田目城は横手平野の中央南部、皆瀬川北岸の微高地に築かれた平城と推定され、鼎荒田目地区周辺が城地と思われます。現在、城址は宅地・耕作地に改変され遺構等は残存せず、規模・構造等は不明。近辺には今泉館小鼓城等の方形館と推測される城館があることから、基本的には濠と土塁で囲まれた方形館と推測されます。
歴史・沿革
 築城時期は不明。城主は『奥羽永慶軍記』に登場する新田目内膳・隼人・惣助等の新田目氏とされます。新田目氏の出自は不明ですが、もともと皆瀬川北岸を開発した在地領主と推測され、室町初期 同じ皆瀬川下流域の在地領主大石氏・河熊氏・今泉氏等とともに、平鹿郡に勢力を拡大した稲庭城主小野寺氏の支配下に組み込まれたと思われます。元禄10(1697)年、角間川給人新田目嘉左衛門が佐竹藩に提出した『先祖伝承申通書指上候事』によると、新田目内膳は小野寺遠江守義道に仕えて新田目郷の支配を申しつかり、その子隼人もまた義道に仕えたと記されています。『奥羽永慶軍記』によると新田目内膳は天正10(1582)年の「大沢山合戦」に出陣し討死したとされ、同12(1584)年の「有屋峠の戦」には新田目惣助が出陣しています。文禄4(1594)年、山形城主最上義光は楯岡城主楯岡満茂を指揮官として雄勝郡に侵攻し、湯沢城岩崎城を陥落させ雄勝郡中央部を制圧することに成功しました。翌5(1595)年、湯沢城奪還を目指す横手城主小野寺義道は雄勝へ出陣しましたが、「大島原の戦」で最上軍に頑強に抵抗され横手への退却を余儀なくされました。この好機に最上軍は平鹿郡への進軍を開始し、新田目城は小鼓今泉・河熊・南部倉の4城とともに最上軍に制圧されました。慶長3(1598)年、義道は再度雄勝に出陣し新田目・小鼓・河熊・南部倉4城の奪還に成功し、新田目隼人が城主に返り咲き、同5(1600)年の「関ヶ原の戦」まで最上氏と対峙しました。戦後、小野寺氏が改易になると、隼人は秋田に入封した佐竹氏に仕官して角間川給人になったとされます。
新田目城  推定地の遠景
メモ
在地領主 新田目氏の居館
形態
平城(方形館?)
別名
・・・・・・・・・
遺構
・・・・・・・・・
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年5月16日
新田目城は現在の十文字町鼎地区に存在していたとされますが、城址は宅地化・開墾等により遺構は存在せず、城域・規模等は不明。(写真左上) 鼎地区は周辺の水田より若干高い微高地にあり、北西端には愛宕神社が祀られています。(写真右上) 同地は横手平野の南部に位置し、雄物川・皆瀬川の沖積平野になっていて、近隣には開発領主の居館祉がいくつか残存しています。