藤 倉 館
福島県会津若松市(旧河東町)河東町倉橋字藤倉
立地・構造
 藤倉館は会津盆地の中央北東部、平野部に築かれた平城で、土塁・濠で囲郭された典型的な単郭の方形館と推測されます。規模は東西65−70m×南北55−60mほど、周囲に構築された土塁は高さ2−3m、濠は幅4−5mほど、虎口は南側中央に開き 土橋で外部と繋がっていました。現在、館祉は一般民家の住宅宅地になっています。

 鎌倉初期、相模三浦一族の佐原十郎義連は「奥州藤原討伐」の軍功により源頼朝から会津四郡の地頭職に任ぜられ、嫡子の盛連の代に会津に入部したと伝えられます。『芦名系図』によると盛連は六人の息子に所領を分知します。そして長男の経連には耶麻郡猪苗代を、次男の広盛には河沼郡北田を、三男の盛義には同郡藤倉
を、四男の光盛には蘆名家の家督を継がせ、五男の盛時には耶麻郡加納荘を、六男の時連には同郡新宮を所領として宛がい それぞれが本貫地を称しました。藤倉館の築城時期は不明ですが、13世紀初期頃 佐原(藤倉)盛義により築かれたと推測されています。南北朝ー室町初期にかけて蘆名惣領家は一族の惣領支配を強化しようとしたため、庶子家はこれに反発し 惣領家対庶子家、庶子家対庶子家の抗争が激化します。この際の藤倉氏の詳細な行動は不明ですが、この抗争で加納佐原氏、北田氏、新宮氏は没落しており、藤倉氏も没落したものと推測されます。なお盛義の次男 盛弘は河沼郡金上を分知されて金上氏を称し、建長4(1252)年頃 越後国蒲原郡に進出して津川城を築き拠点としています。そして後に金上氏の家系は蘆名氏の執政(筆頭家老)となりました。なお『会津古塁記』には藤倉村塁 東西八十三間 南北七十五(八十六)間 建久三年壬子佐原三郎盛義築く。藤倉氏之祖なり」と記されています。
歴史・沿革
藤倉館 南側の虎口と濠
メモ
会津蘆名氏の庶流 藤倉氏の居館
形態
平城(方形館)
別名
藤倉村塁
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・濠・土橋
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成19(2007)年11月1日
藤倉館は会津盆地の中央北東部に築かれた平城で、現在は一般の宅地敷地になっています。このため内部に入ることはできませんが、周辺に残る遺構を見ることは可能です。館は濠と土塁で囲まれた典型的な方形館、周囲には遺構が良好に残存しています。(写真左上ー南側の濠 写真右上ー東側の濠 写真左ー東側の土塁)
暦応の碑(写真左下)
南北朝期に刻まれた三基の板碑群。右から阿弥陀如来を表す「キリク」、観音菩薩を表す「サ」、勢至菩薩を表す「サク」が刻まれています。
皆鶴姫の碑(写真右下)
こちらも藤倉館には直接関係がありません。源義経ゆかりの皆鶴姫の墓碑と伝えられます。
秋田の中世を歩く