根 子 館
秋田県北秋田市(旧阿仁町)阿仁根子字舘下段
立地・構造
  根子館は阿仁川の支流 根子川左岸の丘陵上(比高 40m)に築かれた丘城です。規模は東西160m×南北80mほど、城縄張りは東西に延びた稜線を南北堀で仕切った連郭構造。東側の郭が主郭に想定され規模は東西35m×南北10m、西側の郭が東西30m×南北5−8mほど、内部は1−1.5mの段差で画された「一二三段」構造になっています。大手筋は南西麓から南側斜面を経て西側の郭⇒主郭に繋がるルートと思われます。同地は根子川の中流域、根子川に沿った狭隘地形の根子側の谷口に位置しており、根子川下流方向を監視する物見砦として取り立て
根子館 概念図
られたものと思われます。また有事の際、領民が避難した「ムラジロ」だったのかも。

 築城時期・築城主体ともに不明。館主は佐藤某と伝えられます。佐藤氏は源義経の家臣 佐藤継信の裔とも。
歴史・沿革
根子館 主郭西側の堀
メモ
・・・・・・・・・
形態
丘城
別名
鬼館
遺構
郭(平場)・土塁・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
根子番楽伝承館の駐車場借用
訪城日
令和3(2021)年5月4日
根子館 遠景 根子館 近景
根子館「マタギの里 根子」集落の北東部、根子番楽伝承館(旧根子小学校体育館)背後の丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上ー南西側からの遠景 写真右上ー南麓からの近景) でっ、館祉へは南側斜面を直登するのが手っ取り早く(写真左)、しばらく登ると山道らしき踏跡が見られます。(写真左下) でっ、辿り着いた主郭は東西35m×南北10mほど、東端に社が祀られていたようです。(写真右下ー現在は崩壊) ま〜〜〜、日常的な生活空間の場ではないようです。
根子館 主郭西側の堀切
主郭西側の堀は幅4−5m×深さ3−4mほど、前述した山道はここに繋がっているようです。(写真左上)
 
西側の郭は東西30m×南北5−8mほど、東から西方向に階段状に加工された段郭群で1−1.5mの段差で仕切られています。でっ、東端には高さ1mの土塁が築かれ、二郭と三郭間は土橋で繋がっています。(写真右上ー西一郭、10m×5−6m 写真右ー東土塁 写真左下ー土橋 写真右下ー西三郭)
魚形文刻石
マタギの里 根子
(写真左上) 主郭北東側下の堀切
 
(写真右上) 魚形文刻石
大正期、根子集落から出土した文刻石、縄文中期の遺物と推測されています。
 
(写真左) 「マタギの里 根子」集落
 
ー 動画 根子館を歩く ー