養 田 館
秋田県由利本荘市(旧東由利町)東由利老方字養田館
立地・構造
 
養田館 概念図
 養田館は玉米盆地の中央東部、祝沢川右岸の南西方向に張り出した稜線の小ピーク(比高80m)に築かれた山城で、東・西側は沢が切り込んだ急峻な断崖になっています。規模は東西200m×南北180mほど、城縄張りは小ピークを加工した主郭主郭の南西側斜面に展開された郭群からなる階郭構造で構築され、北側稜線を三重堀切で遮断して城域を独立させています。主郭の規模は20−25m四方ほど、北端に10m×5m×高さ1.5mの土壇(土塁、櫓台?)が築かれ、外側(北東側)は三重堀で切られています。主郭の南西斜面は高さ3−5mの段差で4段の段郭群に加工され、さらに南西、南東方向に分岐した稜線も不規則な段郭群に加工され、下段の大手郭・二の郭に繋がっています。二の郭の規模は東西70m×南北15−20mほど、西側稜線は鞍部を利用した堀で断ち切られています。大手筋は南西麓からのルートが想定され、南西側稜線から二の郭に繋がるルート、また東側の沢から二の郭西側の堀を経て大手郭・二の郭⇒段郭群⇒主郭に繋がるルートが想定されます。養田館は比較的 小規模な城砦ですが自然地形を巧みに利用した要害、基本的には「有事の際」「詰城」として機能したものと推測されます。なお同地は雄物川の西岸 二井山からの脇往還が玉米盆地に入る谷口に位置します。

 築城時期は不明。築城主体・館主は「由利十二頭」 玉米氏とされます。天文年間(1532−53)末期、玉米館主 玉米信濃守義満は嗣子がなかったため、小野寺氏の被官 山田五郎(上の宿館主)の子 小介を養子に迎え須郷田館に隠居しました。しかし義満に嫡子 弥三郎が生まれたため義満と小介は不和となり、小介は山田上の宿館へ逃避しました。このため軍を起こした西馬音内、山田勢は義満の籠る須郷田館を攻撃して義満を自害に追い込み、弥三郎 義次を捕縛しました。その後、永禄6(1563)年 義満の弟 山城守光重と伊予守茂光は「由利十二頭」 滝沢氏、石沢氏の協力を得て山田から義次の奪還に成功し、養田館に籠って山田勢と対峙したと伝えられます。なお養田館は永禄6(1563)年までに玉米氏により築かれたと推測され、文禄年間(1592−95年) 玉米氏の没落により廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
養田館 主郭背後の三重堀切
メモ
「由利十二頭」 玉米氏の「要害」
形態
山城
別名
・・・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)、土塁(櫓台?)、虎口、堀、畝状竪堀群
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成20(2008)年11月30日
令和 3(2021)年 4月22日
養田館 遠景 養田館 遠景
養田館は老方地区の東方、祝沢川右岸の南西方向に張り出した低丘陵ピークに築かれた山城で、東・西側に沢が切り込み急峻な断崖上に位置します。(写真左上ー南西側からの遠景 写真右上ー南側からの遠景) でっ、管理人は南西麓の館祉入口から尾根へよじ登り養田館へアプローチしました。(写真左ー館祉入口の標柱 写真左下ー尾根の南側斜面) 養田館に繋がる稜線は幅2−3mほど、雑木は多いものの比較的 歩きやすい尾根道になっています。(写真右下)
養田館 南西側稜線の堀切 養田館 南西側稜線の堀切
でっ、稜線を進むと小規模な堀切が現れます。(写真左上) 規模は幅2−3m×深さ1−2mほど、さらに200mにわたる稜線はこの堀切のほか3条の堀で切られています。(写真右上ー2条目の堀切、幅5−6m×深さ2m 写真右ー3条目の堀切、幅3−4m×深さ1m 写真左下ー4条目の堀切 幅6−7m×深さ2−3m) でっ、さらに稜線を進むと尾根幅が急激に広がる部分に巨大な堀切が穿たれ、このあたりから本格的な城域となります。(写真右下) 規模は幅15m×深さ7−10mほど、稜線鞍部を利用した堀と思われ、ここから明確な導線が見られます。
養田館 南西側稜線の堀切
養田館 南西側稜線の堀切 養田館 大堀切
養田館 導線
養田館 二の郭
堀底からの導線は二の郭の北側側面を通り(写真左上)、大手郭と思われる平場に繋がっています。(写真右上) でっ、大手郭は北ー東ー南側から横矢がかかる凹地になっています。
 
二の郭(写真左))
規模は東西70m×南北15−20mほど、内部は0.5mの段差で東西2段に削平されています。(写真左下ー二の郭東上段)
 
(写真右下) 南西郭
養田館の中腹部は南西側に延びた尾根と南東側尾根を不規則に加工した郭群からなり、導線はこの郭群を経て主郭方向に繋がっています。(写真左上ー鞍部郭 写真右上ー南東郭群)
 
主郭の南西側斜面は3−5mの段差で区画された4段の段郭群に加工され、南東郭群、南西郭群は下段に吸収されています。(写真右ー南五郭、幅7−10m 写真左下ー南四郭、東西15m×南北60m 写真右下ー南三郭、東西7−8m×南北40m)
養田館 南五郭
養田館 南四郭 養田館 南三郭
養田館 南二郭
南二郭(写真左上)
規模は東西20m×南北50mほど、南三郭とは3mの段差で仕切られ(写真右上)、中央に虎口が設けられています。(写真左)
 
主郭(写真左下)
規模は20−25m四方ほど、西側中央に虎口の切り込みが見られ(写真右下)、北東端に10m×5m×高さ1.5mの土壇(櫓台?)が築かれ、小笠原神社と刻まれた石祠が祀られています。永禄6(1563)年、弥三郎義次が籠もったのはここなのでしょう。
養田館 主郭 養田館 主郭の虎口
養田館 主郭の北土塁 養田館 小笠原神社
(写真左上) 北東土塁
(写真右上) 小笠原神社と刻まれた石祠
 
主郭の背後(北東側)には大規模な三重堀が敷設され丘陵部と分断されています。(写真右・写真左下) でっ、北西方向に延びた内堀は途中で主郭の北側側面をカバーする横堀を派生させ(写真右下)、横堀からは6条の畝堀群が敷設されています。
養田館 主郭背後の三重堀
養田館 主郭背後の三重堀 養田館 主郭背後の三重堀
養田館 畝堀群
(写真左) 畝堀群
 
ー 動画 養田館を歩く ー
秋田の中世を歩く