晴 山 館
岩手県九戸郡軽米町下晴山
立地・構造
 晴山館は瀬月内川の左岸、西から東方向に張り出した舌状台地の先端(比高30m)に築かれた平山城で、北ー東ー南側は段丘崖で、西側を堀で丘陵部と分断して城域を区画していたと思われます。郭配置は南西端の高所に主郭を配置し、北側下に二の郭、東側下に東郭が配置され、主郭・二の郭間は10mの切岸と堀?で区画されていました。規模は主郭が東西100m×南北80m、二の郭が東西120m×南北80mほど、主郭は内部を段差で区画した複数の郭群からなりますが、二の郭は一面の平場になっています。同地は北西方向に晴山・高家地区を見下ろすことができることから、在地勢力の開発拠点として築かれたも
のと推測されます。また同地の北側には金田一から軽米に繋がる「九戸街道」が通っています。

  築城時期・築城主体ともに不明。城主は在地から発生した開発領主と思われる晴山氏とされますが、晴山氏の出自・詳細な事績等は不明。戦国期、晴山氏は隣接する九戸氏の支配下に組み込まれたと推測され、天正19(1591)年に勃発した「九戸の乱」では晴山治部少輔、晴山玄蕃が九戸左近将監政実に加担して九戸城に籠城したと伝えられます。乱後、晴山氏は没落し、晴山館は廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
晴山館 北側からの近景
メモ
九戸郡の在地国衆 晴山氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・堀祉?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成21(2009)年10月25日
晴山館は瀬月内川左岸、東方向に張り出した丘陵先端に築かれた平山城です。東ー南側は瀬月内川に面し、北側は幅の広い沢が入り込み自然の濠となっています。(写真左)
 
二の郭(写真左下)
主郭の北側下に位置し、麓との比高差は15−20mほど。規模は東西120m×南北80mほど、内部は耕作地になっています。主郭とは10mの段差で区画され、境には堀らしき遺構が見られます。(写真右下)
主郭(写真左上)
規模は東西100m×南北80mほど、内部は北西端の最高所に東西40m×南北30mの1郭を設け、東側に1段、北側に2段階段状に腰郭が敷設されていたようですが、開墾のせいなのか、あるいは もともとこういう形態だったのか、内部はかなり南から北側に傾斜しています。(写真右上) また西側には城と丘陵部を分断したと思われる幅15mの堀祉が残存しています。(写真右) 写真ではわかりずらいですが ・・・・・・・・・・・・。
秋田の中世を歩く