高 玉 城
福島県郡山市熱海町高玉字木別当.字西浦
立地・構造
 高玉城は石筵川の右岸、東方向に張り出した小丘陵(比高50m)に築かれた山城で、丘陵続きの西側稜線を堀で断ち切って城域を独立させています。全体の規模は東西150m×南北70mほど、城縄張りは頂部に構築された主郭を中心に北ー東ー南側に腰郭、帯郭群を敷設して主郭を取り囲む変則的な輪郭構造で築かれています。主郭の規模は東西70−75m×南北20−25mほど、内部は高さ
高玉城 概念図
2mの土塁で仕切られた東・西の2郭からなり、西縁部に高さ1m前後の土塁が築かれ、北西隅に「折れ虎口」が設けられています。主郭の南東下に現在、愛宕神社が祀られる小郭がありますが、南東麓からのルートを大手筋に想定すると、この郭は虎口郭だったと思われます。城を丘陵基部から分断した堀切は尾根の狭まった鞍部を利用したもので、高低差の大きい二重堀になっています。また高玉城のある丘陵は比高差が比較的 小さく、このため北ー東ー南側に防御ラインとして帯郭が巻かれていたと思われます。高玉城は要害性に乏しく、比較的規模の小さい城砦ですが、主郭は日常生活をするに充分のスペースがあり、在地勢力の日常居館が置かれていたものと思われます。
       

 築城時期・築城主体ともに不明。一説に室町中期、二本松を拠点とした畠山宮内大輔満泰の三男 弾正少弼家重が会津蘆名氏に対する抑えとして高玉に入部して高玉城を築いたとも。また天文年間(1532−55年)頃、高玉太郎左衛門尉常頼により築かれたとも。天正14(1586)年、二本松城が伊達勢の猛攻を受けて陥落し、「安積郡」が伊達に制圧されると、高玉常頼は会津蘆名氏の支援を受けて伊達勢と対峙します。しかし同17(1589)年、白河結城(佐竹)義広の蘆名氏への入嗣問題で蘆名家中は分裂し、この隙を衝いて伊達政宗は「会津侵攻」を開始しました。そして同年5月、安子島城を攻略した片倉小十郎率いる伊達勢は高玉常頼の守備する高玉城を攻撃し、常頼は伊達勢に抗しきれずに自害、城内に籠城していた城兵、民百姓はすべて「撫切り」されたと伝えられます。
歴史・沿革
高玉城 主郭西側の二重堀(外堀)
メモ
二本松畠山氏の庶子家 高玉氏の館城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成21(2009)年11月20日
高玉城は高玉・北梨子平地区背後の小丘陵に築かれた山城です。(写真左上) でっ、城へは東麓の県道沿いに誘導杭があり、ここから集落内に入ります。(写真右上ー車の場合は誘導杭の周辺の空地に駐車するとベターです) 集落内に入ると誘導杭はありませんが、城山へは南東麓の愛宕神社鳥居が設けられ(写真左)、神社参道を登ること数分で辿り着けます。参道は堀底状になっていて(写真左下)、参道の中腹以上に2段の帯郭が確認できます。(写真右下) 帯郭の規模は幅5−6mほど、高低差の小さい高玉城を補強する防衛ラインになっています。
でっ、辿り着いたのが愛宕神社の祀られている平場。(写真左上) 主郭から南東方向に張り出した部分を削平した郭?で規模は10−15m四方ほど、主郭間は2mの段差で仕切られています。 
主郭(写真右上) 規模は東西70−75m×南北20−25mほど、内部は高さ2mの土塁(写真右)で仕切られた東・西の2郭からなり、西縁に高さ1m前後の土塁が築かれ(写真左下)、北西隅に搦手と思われる「折れ虎口」が設けられています。(写真右下)
高玉城最大の見どころは城域と丘陵部を断ち切った豪快な二重堀でしょう。二重堀は稜線の鞍部を利用したもので、内堀は主郭側から6−7m切り落とし(写真左上)、外堀はさらに5−6m切り落とした高低差のある二重堀になっています。(写真右上ー外堀) でっ、内堀は主郭北西隅の虎口に繋がっており、「武者隠し」のようなものだったのかも。
秋田の中世を歩く