小 机 城
神奈川県横浜市港北区小机町
立地・構造
 小机城は多摩丘陵の南端、鶴見川右岸の南北に細長い独立丘陵上(比高30m)に築かれた丘城です。規模は推定 東西350m×南北500mほど、城域は東側から切り込んだ谷地により南北2つの郭群に分割されています。このうち北側の郭群が本城に、南側の郭群が出丸に想定され、さらに北の本城も大きくは東西の2郭からなります。規模は西郭が東西45−60m×南北50m、東郭が東西50m×南北100mほど、主郭に想定される西郭は周囲を土塁で囲った方形郭に加工され、南、
現地説明板の図
東側に虎口が設けられています。東郭は南北に細長い平場で南西端に櫓台が設けられています。西郭・東郭間には西郭・東郭より高所に位置する南北に細長い「繋ぎの郭」が設けられ、西郭・東郭とは土橋で繋がっています。また西郭・東郭の周囲は10m前後の切岸で削崖され、西郭の四周、東郭の北ー西側は幅15−20mの堀で囲郭され、また北側には分厚い外土塁が構築されていました。大手は「根小屋」が想定される南麓からのルートが想定されますが不明。なお西端の丘陵上、南側の丘陵上にも城郭遺構が残っているようですが未訪のため不詳。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には永享10(1438)年の「永享の乱」の際、「関東管領」 上杉氏により築かれたとも。文明8(1476)年、「関東管領」 山内上杉家の家宰職相続の件で不満を持った長尾左衛門尉景春が主家 上杉氏に対して謀反を起こすと、「五十子陣」で管領軍を撃破しました。しかし同10(1478)年、扇谷上杉家の家宰 太田道灌が鉢形城を攻略して景春を武蔵から駆逐します。さらに道灌は景春方に加担した豊島勘解由左衛門尉泰経の石神井城を攻撃し、このため泰経は小机城に逃れましたが、道灌勢の攻撃を受けて小机城は陥落しました。その後、小机城は一時 廃城となりましたが、永正13(1516)年 相模国守護職 三浦介道寸一族を滅ぼし相模を制圧した北条左京大夫氏綱(小田原城)は武蔵の侵略拠点として小机城を取り立て 伊豆衆の笠原越前守信為を配したとされます。そして信為は近隣の土豪、地侍を「小机衆」として組織化し、この頃 小机城は拡張整備されたものと思われます。その後、小机城は小田原北条氏の重要拠点として位置付けられ、氏綱の三男 為昌ー氏綱の弟 幻庵長綱ー氏綱の四男 左衛門佐氏堯ー氏康の七男 三郎(後の上杉景虎)ー氏康の八男(九男) 右衛門佐氏光が城主をつとめましたが、天正18(1590)年の小田原の役」で自落し、ほどなく廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
小机城 東郭の西堀
メモ
小田原北条氏の支城
形態
丘城
別名
根古屋城・飯田城
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・櫓台・堀・土橋
場所
場所はココです
駐車場
・・・・・・・・・
訪城日
令和元(2019)年9月24日
小机城はJR小机駅の北西700mの小高い丘に築かれた丘城で、現在 城址は「小机城址市民の森」として整備されています。(写真左上ー東側からの遠景) でっ、管理人は南麓の根古屋地区からアプローチしました。(写真右上ー登り口、誘導杭あり) でっ、南側斜面にはいくつかの段郭が見られ(写真左)、じきに西郭南側の横堀に辿り着きます。(写真左下) 堀の規模は幅10m×深さ7−8mほど、長大な土橋で西郭の南虎口に繋がっています。(写真右下)
小机城 横堀
小机城 西郭
(写真左上) 西郭の南虎口、虎口前面に小空間が設けられています。 
西郭(写真右上) 規模は東西45−60m×南北50mほど、周囲に分厚い土塁が築かれ(写真右ー南土塁)、また南東縁に東郭に繋がる出桝形が設けられています。
東郭・西郭間には南北に細長い郭が設けられ(写真左下)、両郭と土橋で繋がっています。(写真右下ー西郭への土橋) 規模は幅5−6m×長さ50mほど、ちなみにこの防塁状の平場は西郭・東郭より高くなっています。
小机城 東郭 小机城 東郭の櫓台
小机城 堀
東郭(写真左上)
規模は東西50m×南北100mほど、南西隅に高さ2mほどの櫓台が設けられています。(写真右上) 
西郭・東郭ともに周囲は10mの高い切岸に削崖され、西郭の四周、東郭の北ー西側は幅15−20mの堀で囲まれています。さらに北側の外土塁は大防塁に加工されていました。(東郭の西堀)
ー 動画 小机城を歩く ー