六 万 騎 城
新潟県南魚沼市(旧六日町)六日町麓
立地・構造
 六万騎城は六日町盆地の中央東端、魚野川右岸の猿倉山(標高695m)から西方向に張り出した丘陵突端(通称 六万騎山 標高320m 比高180m)に築かれた山城です。城の規模は東西400m×南北300mほど、城縄張りは頂部ピークに構築された主郭を中心に東西稜線に展開された直線連郭構造で構築され、西から西郭ー二の郭ー主郭ー三の郭が敷設されています。規模は主郭が20−30m四方、二の郭が東西40m×南北15−20m、三の郭が東西30m×南北10m、西郭が東西50m×南北30mほど、主郭・二の郭主郭・三の郭間は段差で画され、また二の郭・西郭間は二重堀で仕切られています。三の郭の東側稜線にも3条の堀切が敷設されているようですが未確認。また主郭の北・南側稜線も郭群に加工されています。大手筋は南西麓からのルートが想定され、このため稜線は2条の堀切で切られ、また西郭の南側斜面は段郭群に加工されて大手筋を抑える構造になっています。全体的に規模は小さく、また古い形態の城館ですが、魚野川中流域を眺望できる高所に位置します。

 築城時期・築城主体ともに不明。一説には天文年間(1532−55年)頃、福島大炊介政為が拠したと伝えられます。(『南魚沼郡誌』) 福島氏については長尾為景、上杉謙信時代に名が伝わっておらず、出自・事績ともに不明。いずれにしても坂戸城主 上田長尾氏関連の支城と推測されます。永正4(1507)年、越後国守護代 長尾信濃守為景は上杉定実を擁してクーデターを起こし、越後国守護職 上杉房能を自害に追い込みました。そして房能の死を知った「関東管領」 上杉顕定(房能の兄)は同6(1509)年、越後に侵攻して府中を制圧、為景、定実を越中に追い落としました。しかし同7(1510)年、蒲原津に上陸した為景は反撃に転じ、関東軍を魚沼郡まで追い落としました。この際、坂戸城主 長尾肥前守景隆(上田長尾氏)は「関東管領」の代官として魚沼郡を統治していましたが、関東軍を坂戸城には入れず六万騎城に収容しています。そして為景率いる追撃軍が六万騎城に迫ったため、関東軍は上野国を目指して撤退を余儀なくされましたが、南西麓の長森原で為景軍の中野小館主 高梨勢と激突し、顕定は討死しました。(「長森原の戦」) その後の六万騎城の消息は不明、上田長尾氏の支城として機能し、慶長3(1598)年 上杉景勝が会津転封した際 廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
六万騎城 南西側からの遠景
メモ
坂戸城の支城
形態
山城
別名
・・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・虎口・櫓台?・堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口(子安延命地蔵尊)に駐車スペースあり
訪城日
平成19(2007)年9月29日
六万騎城は魚野川の東岸、通称 六万騎山に築かれた山城です。(写真左上ー南西側からの遠景) でっ、城山へは南西麓の子安延命地蔵尊から山道が整備されています。登山道は最初は緩斜面をつずらおれに登りますが、次第に傾斜はキツクなります。(写真右上) でっ、大手筋に想定される稜線は2条の堀切で切られています。(写真左) どちらの堀切も急傾斜になる直前を堀り切ったもので、堀自体は浅いものの高低差を稼いでいます。でっ、辿り着くのが西郭の南側に構築された段郭群になります。(写真左下・右下) 郭群は幅20−30mの稜線を加工したもので、3−4mの段差で仕切られた3−4段の段郭群になっています。
西郭(写真左上)
城山の西側突端に構築された郭で、規模は東西50m×南北30mほど、西側の中央に櫓台と思われる土壇が築かれています。(写真右上) でっ、二の郭に繋がる痩尾根(鞍部)は二重堀で完璧に切られています。(写真右)
 
二の郭(写真左下・右下)
主郭の西側下に位置する郭で、規模は東西40m×南北15−20mほど、内部は東・西の2段に削平されています。でっ、主郭へは坂虎口で繋がっています。
(写真左上) 二の郭から主郭への導線
 
主郭(写真右上)
六万騎山のピークに位置し、規模は20−30m四方ほど。眺望には優れていますが、いかんせん小規模な郭です。主郭からは北、西、南側の眺望に優れ、魚野川流域を見渡すことができます。
(写真左) 北東方向、丘陵を挟んで桐沢城が望めます。 (写真左下) 北西方向、魚野川を挟んで対岸の浦佐城が望めます。  (写真右) 南西方向、六日町、坂戸城が望めます。
三の郭(写真左上)
主郭の東側に敷設された郭で、規模は東西30m×南北10mほど、主郭とは3mほどの段差で仕切られています。ここからさらに東側稜線には城域を遮断した3条の堀切があるようですが ・・・・・・・・・、藪化が酷く突入は断念。南側中央には虎口が開いています。(写真右上) 管理人はここから尾根筋を辿って下山しましたが、南側稜線は小規模な段郭群で処理され(写真右)、また急斜面の手前は堀切で切られ(写真左下)、この方面の遮断ラインとしています。
 
(写真右下) 桐沢城から六万騎城方向
秋田の中世を歩く