津 谷 館
宮城県気仙沼市(旧本吉町)本吉町津谷館岡
立地・構造
 津谷館は津谷川下流域の右岸、北東から南西方向に張り出した丘陵突端(比高40m)に築かれた平山城で、背後の丘陵続きを三重堀で遮断して城域を区画しています。城の規模は東西250m×南北150mほど、城縄張りは北側突端に構築された主郭を中心に南西方向に階段状に郭を敷設したシンプルな構造になっています。規模は主郭が東西80m×南北40mほど、主郭の背後を断ち切った三重堀は約20mにわたり構築されたもので、内堀と外堀は深さ5−6mと巨大なもの。現在、城址は館岡児童公園、市老人福祉センターの敷地になっています。同地は津谷川河口部に近い沖積平野を見下ろす高地に位置しており、開発領主の日常居館として築かれたものと推測されます。また同地は三陸海岸と磐井千厩、佐沼に繋がる「西郡街道」が交錯する交
現地説明板の図
通の要衝に位置しており、街道筋を抑える機能もあったと思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。『津谷村風土記書上』(安永年間)によると城主は米倉左近将監と伝えられます。また『峰仙寺縁起』によると南北朝期の嘉暦元(1326)年、葛西太守とともに気仙熊谷氏を制圧した薄衣内匠亮清村(薄衣城主か?)が津谷邑周辺に勢力を拡大し、清村の次男 米倉玄蕃持村が応安5(1372)年頃 津谷、平磯、岩尻の所領を分知されて津谷館に居住したとされます。その後、本吉米倉氏は気仙周辺に勢力を保持しましたが、天正19(1591)年 米倉右近行友は葛西氏改易後の「葛西大崎一揆」に加担して、深谷荘和淵で奥州仕置軍に敗れ帰農したとされます。 
歴史・沿革
津谷館 東側稜線の三重堀(外堀)
メモ
葛西氏の被官 本吉米倉氏の館城
形態
平山城
別名
獅子ヶ館
遺構
郭(平場)・堀
場所
場所はココです
駐車場
館岡児童公園脇に路駐
訪城日
平成24(2012)年4月11日
津谷館は津谷市街地の北方、市街地を望む丘陵上に築かれた平山城です。(写真左上) 現在、城址は館岡児童公園になっていて、南東麓から車で登ることが可能です。でっ、内部は公園整備等により改変されているため遺構の確認は不可能ですが、北側稜線を断ち切った三重堀は比較的 良好に残存しています。このうち内堀は車道建設で半分以上埋められていますが、端部には堀の形状が見られ(写真右上・左)、また中堀はもともと浅かったのでしょう。(写真左下) でっ、外堀はホレボレするような見事なV字堀になっています。(写真右下) 規模は幅6−7m×深さ5−6mほど、稜線を完璧に断ち切っています。
(写真左上) 三重堀の外堀
 
主郭(写真右上・右)
現在、館岡児童公園になっていて城址標柱や忠魂碑が建てられています。規模は東西80m×南北40mほど、東側下には腰郭らしき平場が見られます。また南側には市の老人福祉センターが建てられていますが、この部分が二の郭なのでしょう。さらに二の郭の南側は段郭で処理されているようです。なお説明板は南麓の市役所支所駐車場脇に設置されています。
秋田の中世を歩く