百 目 木 城
福島県二本松市(旧岩代町)百目木字館、字館山
立地・構造
 百目木城は阿武隈丘陵の中山間地、阿武隈川の支流 口太川右岸の南西方向に張り出した丘陵上(比高60m)に築かれた平山城で、背後(北東側)の丘陵続きを堀で断ち切って城域を独立させています。城の規模は東西450m×南北300mほど、城縄張りは北側頂部に構築された主郭を中心に南東、南西側に延びた馬蹄状の稜線と稜線に挟まれた谷戸に展開され、日常居館と要害を兼ねた館城と推測されます。主郭の規模は東西90m×南北20mほど、南側に1段腰郭を敷設し、東・西側は堀切で南
東、南西側に延びた稜線を遮断しています。南東側稜線の突端に東郭が構築され、規模は東西40m×南北30mほど、東郭の周囲に腰郭群が敷設され東郭群を形成しています。南西側稜線には数段の郭からなる西郭群が構えられ、西郭群から南東方向に延びた稜線も南郭に加工され、南東側稜線とともに谷戸をカバーする防塁になっています。大手筋は南麓からのルートが想定され、大手虎口は南東・南西側に延びた稜線により狭められた木戸口になっています。城は段を基本とした単調で古い形態になっていますが、西郭群・東郭群の外側は急峻な断崖になっていて、南麓の口太川や西麓の泥田濠?を濠として城の防御ラインを構築しています。なお口太川を挟んだ南側の丘陵突端には物見砦と推測される向館が構築されています。

 築城時期は不明。築城主体・城主は鎌倉期、陸奥国「石川郡」に入部して土着した三芦城主 石川氏の庶流 百目木石川氏とされ、天文年間(1532−55年)頃 「安達郡」に入封して百目木城を築いたと伝えられます。永禄12(1569)年、百目木城主 石川弾正光昌は三春城主 田村清顕の支援を受けて、小浜城主 大内備前守義綱等とともに宮森城を攻撃します。そして光昌は大河内備中守を誅殺して主家の石橋松丸を追放し、塩松領の押領に成功しました。以後、光昌は田村氏の影響下に置かれ、天正11(1583)年 大内備前守定綱が二本松城主 畠山左京亮義継の支援を受けて田村氏の支配下から離脱すると、田村方に加担して大内氏と対峙しています。同13(1585)年、大内定綱が米沢城主 伊達政宗に叛旗を翻すと、光昌は田村勢に加勢して伊達勢の小手森城の戦」に参陣し、戦後 戦功により小手森城を宛がわれました。しかし同16(1588)年、光昌は小高城主 相馬長門守義胤に内応して伊達に対して叛旗を翻し、このため百目木城小手森城は伊達・田村連合軍の攻撃を受けて陥落し 光昌は討死しました。戦後、百目木城に政宗の重臣 鬼庭石見守綱元が入城しましたが、その後の百目木城の消息は不明。同18(1590)年の「奥州仕置」の頃、廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
百目木城 東郭群
メモ
陸奥石川氏の庶流 百目木石川氏の館城
形態
平山城
別名
・・・・・・・・・ 
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀(濠祉)
場所
場所はココです
駐車場
JAの駐車場借用
訪城日
平成19(2007)年11月4日
百目木城は阿武隈丘陵の中山間地、口太川北岸の丘陵上に築かれた平山城で(写真左上ー南側からの遠景)、南側は口太川を自然の濠とし(写真右下)、北西側は濠で城域を仕切っていたようです。(写真左) なお江戸期、歌川広重が描いた「陸奥安達百目木駅八景」にも同じ構図の絵が残っています。でっ、城へは南麓に大手口が構えられ(写真左下)、虎口内部は狭小な谷戸地形になっていて、谷戸部は数段の平場に加工され、城主の居住空間と推測されます。(写真右下)
西郭群(写真左上・右上) 狭小な谷地は主郭を中心に南東、南西側に弧状に延びた稜線でカバーされ、稜線は段郭に加工されています。西郭群はこの南西側稜線に構築された郭群で主郭とは幅10−15m×深さ5−6mの堀で断ち切られています。(写真右)
主郭(写真左下) 規模は東西90m×南北20mほど、南側に1段 腰郭が敷設されています。背後(北東側)の稜線は鞍部を利用した堀で断ち切って城域を独立させています。また堀切で遮断した南東側稜線は東郭群に加工されています。(写真右下)
向館(写真左上) 百目木城から口太川を挟んだ南方500mの丘陵先端に築かれた単郭の小砦。口太川沿いに東西に走る富岡街道百目木城とともに挟み込む形態になっていて、物見的な性格があったと思われます。規模は東西80m×南北20mほど、背後(東側)の丘陵基部を堀で断ち切り独立させています。(写真右上)
長泉寺(写真左) 百目木城の南東麓にある百目木石川氏の菩提寺。
秋田の中世を歩く