白 坂 館
秋田県大仙市(旧西仙北町)西仙北町白坂
立地・構造
 白坂館は雄物川の支流 大沢川流域の中山間地、南から北方向に延びた舌状台地先端(比高30m)に築かれた丘城です。規模は東西120m×南北300mほど、城縄張りは南北に延びた丘陵を堀で区画した四郭(北から北出丸ー北郭ー主郭ー南郭)の連郭構造で構築されています。城域は東から北側を西流する大沢川を自然の濠として城縄張りに取り込み、東・西側は湿地帯だったと推測されます。

 築城時期・築城主体・館主ともに不明。一説に楠木正成の子孫 正家が拠していたと伝わり、また打越城の別称から「由利十二頭」 打越氏に関連した城郭との説も?。戦国期、この地は角館城主 戸沢氏の重要な基幹道路 刈和野街道が通っていることから、戸沢氏の勢力下にあった在地勢力が拠した城館と推測されます。
歴史・沿革
白坂館 西側からの遠景
メモ
・・・・・・・・
別名
打越城
形態
丘城
遺構
郭(平場)・堀・土橋?
場所
場所はココです
駐車場
路上駐車
訪城日
平成16(2004)年9月18日 平成20(2008)年6月13日
白坂館は雄物川の支流 大沢川の中山間地、白坂地区北方の丘陵上に築かれた丘城です。(写真左上ー西側からの遠景) でっ、館の東ー北ー西側に大沢川が西流し、往時 館の周囲は大沢川の湿地帯だったのでしょう。(写真右上)
北出丸(写真左・左下) 白坂館北端に設けられた小郭で規模は20m四方ほど、周囲との比高差は10mほど。現在、内部に稲荷神社が祀られ、本丘陵と鞍部で繋がっています。
主郭・北郭間は幅15−20m×深さ7−8mの堀で分断されています。(写真右下)
主郭(写真左上) 規模は東西30−40m×南北50−60mほど、内部は藪化が進み見通しは効きません。でっ、南側に高さ3−6mの段で区画された幅8−15mの郭が2段 配置され(写真右上)、下段郭から南郭へは土橋状の通路で繋がっています。(写真右)
南郭から尾根続きの鞍部は城域を仕切った堀が想定され、現在 車道が敷設されています。(写真左下)
白坂館は館の北ー西側を通る刈和野街道を一望にできる要衝す。(写真右下)
秋田の中世を歩く