麻 績 城
長野県東筑摩郡麻績村麻
立地・構造
 麻績城は聖高原の南側、松本平と善光寺平を結ぶ「善光寺街道」を見下ろす丘陵ピーク(標高 
麻績城 概念図
943m 比高320m)に築かれた山城です。城の規模は東西300m×南北80mほど、城縄張りは東西に細長いピーク稜線を堀切で遮断し、平場に加工した直線連郭構造で構築され、西から五つの郭が敷設されています。規模は主郭が東西45m×南北25mと一番大きく、二の郭が東西25m×南北10−15m、三の郭が東西20m×南北7−8m、四の郭が東西15m×南北5m前後、五の郭が東西30m×南北5−6mほど。三の郭が城内最高所に位置し(物見か?)、また四の郭・五の郭は削平が甘く自然地形で利用されたと思われます。大手筋は南東麓から東側の尾根鞍部を経て主郭に繋がるルートが想定され、搦手は同じ東側の尾根鞍部から北側の沢に降り、北西側の北山地区に繋がるルートとされます。麻績城は全体的に規模は小さいものの絶対的な要害地形を利用して築かれており、基本的には「有事の際」「詰城」、また南麓を通る「善光寺街道」を監視する物見砦として利用されたと思われます。なお麻績城の南側稜線には「麻績古城」(虚空蔵山城)が、北東側の稜線ピークには「のろし山」があり、麻績城の機能補完する支城と思われます。

 築城時期・築城主体ともに不明。城主は鎌倉期、麻績御厨の荘官として入部した小笠原長親を祖とする服部氏(麻績氏)とされ、応永7(1400)年に勃発した「大塔合戦」では村上氏の与力として麻績山城守が「大文字一揆」方に参陣しています。麻績氏は当初、山麓に居館を構え「麻績古城」(虚空蔵山城)「要害」としていましたが、戦国期 軍事緊張が慢性化すると新たに麻績城を築いたとされます。天文22(1553)年、武田晴信が信濃府中を制圧して「筑摩郡」に侵入すると、同族の青柳城主 青柳清長は武田に降伏しましたが、服部氏は葛尾城主 村上義清に与してこれに抗します。このため麻績城は武田勢の攻撃を受けて落城し、服部氏は村上義清とともに越後に落ち延びました。服部氏没落後、麻績領は青柳清長に宛がわれ、清長は麻績氏を称しました。しかし天正10(1582)年、武田氏が滅亡し、また織田信長が「本能寺」で横死すると織田勢力は信濃から撤退し、かわって越後の上杉景勝が川中島に進出して服部氏も旧領 麻績を回復しました。同年、徳川家康を後盾として小笠原右近大夫貞慶が信濃府中を制圧し、さらに安曇野、筑摩に兵を入れると、服部氏は上杉氏の支配下から離脱して小笠原氏に出仕しました。このため翌11(1583)年、麻績城は上杉勢の攻撃を受けて落城し、服部氏は滅亡しました。麻績城はその後、再興されることなく廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
麻績城 主郭・二の郭間の堀
メモ
「筑摩郡」の国衆 服部氏、麻績氏の「要害」
形態
山城
別名
・・・・・・・・・
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀
場所
場所はココです
駐車場
登り口の手前に空地あり
訪城日
平成24(2012)年4月28日
麻績城「旧麻績宿」背後の丘陵ピークに築かれた山城です。(写真左上) 遠目に丘陵ピークは2ヶ所 認められますが、麻績城は左側(西側)のピークで、右側(東側)のピークは「のろし山」と呼ばれています。でっ、城へは南麓の法善寺(写真右上)から西沢川に沿って北山方向に進むと、麻績城の北西麓に「麻績城址入口」の案内杭が設置され、ここから登山道が設けられています。(写真左) 登山道は往時の搦手ルートとされ城址北側の沢をつめ(写真左下)、城址東側の尾根に登るように設定され、途中には表示杭が設けられています。(写真右下)
その後、登山道は稜線鞍部に辿り着きますが、ここには説明板が設置されています。(写真左上) でっ、ここから尾根を北東方向に進むと「のろし山」に行けるようですが、管理人は時間の関係で「のろし山」には行かず、麻績城を目指しました。鞍部から稜線はケッコウキツイ急傾斜になっていますが(写真右上)、稜線を登り切ると五の郭に辿り着きます。(写真右) 規模は東西30m×南北5−6mほど、削平は甘く ほとんど自然地形のままで使用されたと思われます。四の郭・五の郭間を断ち切った堀切は幅4−5m×深さ1mほど。(写真左下) 堀切を越えた四の郭は東西15m×南北5m前後。(写真右下)
三の郭・四の郭間を遮断した堀切は幅5−6m×深さ3−4mほど、ケッコウ見栄えのする堀切です。(写真左上) でっ、辿り着いた三の郭は東西20m×南北7−8mほど、たぶんここが城内の最高所になるのでしょう。(写真右上) 三の郭の西側は10mの高低差を2段の段郭で処理し、下部は幅10mの堀状の郭に加工されています。(写真左) 
二の郭(写真左下)
規模はは東西25m×南北10−15mほど、北西側が若干 高く、南側に導線が設けられています。でっ、主郭・二の郭間を断ち切った堀は幅10m×深さ3−4mほど、箱堀状になっています。(写真右下)
主郭(写真左上)
尾根筋の郭があまりにも小規模なため一見、広く見えますが規模は東西45m×南北25mほど、虎口は南東側に設けられ、二の郭に繋がっています。(写真右上) 全体的な形態としては同族の青柳城に似通っているような気もするのですが ・・・・・・・・。主郭の北・南側は急傾斜の断崖になっていますが、比較的 傾斜のあまい西側斜面は主郭から5−6m切り落として小郭で処理し(写真右・左下)、さらにその下も段郭群に加工され堅固な防御ラインとしています。(写真右下)
秋田の中世を歩く