桑 折 城
宮城県大崎市(旧三本木町)三本木桑折
立地・構造
 桑折城は大崎平野の中央南縁、鳴瀬川右岸の丘陵上(比高30m)に築かれた平山城です。城の規模は東西400m×南北160mほど、南側の稜線続きを堀切で断ち切って城域を独立させています。内部は大きくは堀切で分断された東・西2つの郭群からなり、東側の郭群が主郭群、西側の郭群が二の郭
桑折城 概念図
と思われます。規模は主郭が東西80m×南北30−40mほど、低い段差で区画された東西の2郭からなり、東側の郭の北から東側下に帯郭が敷設され、北側に延びた稜線は細長い平場に加工されています。二の郭は東西70m×南北40mほど、北から西側下にかけて幅10−15mの帯郭が2段巻かれ、東端には櫓台と思われる土壇が築かれています。大手筋は北西側から段郭群を経て二の郭に繋がるルートが想定され、二の郭から主郭へは幅10mの堀切に削り残された土橋で繋がっています。なお南側稜線を辿ったピークにも出城と思われる「南城」が設けられていたようです。(未確認) 同地は大崎平野を南側から望む高所、また鳴瀬川に沿って松山ー中新田を繋ぐ街道を抑える要地に位置します。

 築城時期・築城主体ともに不明。『桑折村風土記書上』には「右御城主 大崎家臣 渋谷相模守」と記されており、城主は「奥州探題」 大崎氏の被官 渋谷氏とされます。渋谷氏は鎌倉御家人 渋谷氏を祖とし、鎌倉期 この地に入部して土着した国人領主と推測されます。そして南北朝期、斯波式部大輔家兼が「奥州探題」として下向した際、その支配下に組み込まれたものと思われます。天正15(1587)年、大崎左衛門佐義隆の寵童同士の争いが大崎家中を巻き込んだ内訌に発展すると、翌16(1588)年1月 伊達政宗は岩出山城主 氏家弾正吉継の援軍要請を受けて、内紛鎮圧の名目で大崎領に留守政景、泉田重光、小山田頼定等を派兵します。この際、桑折城は大崎方の重要拠点として桑折ノ城ニハ渋谷中目ノ一類城主飯川尾張。加勢黒川月舟。其外黒川勢不残籠城シテ・・・・・・・・・」『伊達秘鑑』)とされ、当初 伊達方に加担した鶴巣館主 黒川月舟斎が大崎方に寝返り加勢として入城したとされます。天正18(1590)年、「奥州仕置」により大崎氏は所領没収・改易となり、この際 桑折城は廃城になったものと思われます。
歴史・沿革
桑折城 主郭に建つ「城址標柱」
メモ
「奥州探題」 大崎氏の被官 「河内四頭」 渋谷氏の館城
形態
平山城
別名
鶴館
遺構
郭(平場)・土塁・虎口・堀・土橋
場所
場所はココです
館山公園
駐車場
館山公園駐車場あり(北麓)
訪城日
平成23(2011)年5月25日
桑折城は鳴瀬川の南岸、三本木桑折地区背後の小高い丘に築かれた平山城で、現在は館山公園になっています。(写真左上ー北側からも遠景) でっ、公園整備されているため散策ルートは幾つかあるようですが、管理人は南西麓の三本木公民館からアプローチしました。(写真右上ー誘導杭あり) でっ、辿り着くのが二の郭北側の腰郭になります。(写真左) 二の郭は東西70m×南北40mほど、北から西側下にかけて2段の腰郭が敷設され、前記の腰郭は最下段になるようです。でっ、二の郭自体は削平が甘く、内部は東から西側に傾斜し(写真左下)、東端は1段高い土壇状になっていて、現在は展望台が建てられています。(写真右下)
主郭・二の郭間は稜線鞍部を利用したと思われる幅10mの堀で切られ、土橋で繋がっています。(写真左上・右上) でっ、土橋からスロープ状に延びた導線の先には虎口と虎口を区画する巨大な土壇(櫓台?)が見られます。(写真右) でっ、何故か土壇はコンクリートで固められていました。
 
主郭(写真左下)
全体の規模は東西80m×南北30−40mほど、内部は東端が1.5mほど高くなっていて規模は30−40m四方ほど。(写真右下) ここには城址標柱が建てられています。
(写真左上) 主郭東端の郭に建てられている「城址標柱」
主郭の東から北側下には幅10m前後の帯郭が巻かれ(写真右上ー東側下の帯郭 写真左ー北側下の帯郭)、さらに北側に延びた稜線は細長い平場に加工されています。(写真左下) 規模は東西30m×南北70mほど。
主郭の西側から南方向には稜線が続いていますが、この部分は堀で切られています。(写真右下) なおこの稜線を辿ると南側ピークの「南城」に行けるようです。(管理人は途中まで行きましたが、藪が酷く撤退しました)
(写真右) 南側稜線に見られる堀切
 
秋田の中世を歩く